ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ネットに接続するハイテクカー!ジェスチャー操作、酒気検知機能まで搭載

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
APMA

新しいテクノロジーは今、車にも次々と導入されている。“インターネットにつながる車”を、Automotive Parts Manufacturers Association (APMA)が開発中だ。QNXのCar Platform 2.0を搭載したデモ車Lexus RX350が公開された。

デモ車には4G、Wi-Fiに接続する機能があり、ネットが欠かせない世代にネット通信環境を提供。もちろん、モバイル充電ユニットも設置されている。

車内内部にはセンサーが内蔵されており、これがジェスチャーコントロールを実現。例えば、ドライバーが手を振ると、音楽や設定温度を変更したり、椅子の位置を調整したりできる。また、ドライバーが眠気を感じてうとうとし始めたら、それを検出し、オーディオアラームで警告する。

APMA2

さらにすごいのは酒気検知器まで搭載しており、酔っ払ったドライバーが運転しようとしても、車のエンジンをスタートできないようになっているのだという。

360度の外部近接センサーは、付近にある物体や天候など、車外のさまざまな要因も検知する。救急車や消防車、警察車両などの緊急車両の通行を妨げないよう、近くを通過する際に知らせる機能も保有している。

まるでSFの世界が現実になったかのようなハイテク車は、車の運転体験に新風を吹き込んでくれそうだ。少し先の未来には、さらに安全で便利な走行を楽しめるようになるのかもしれない。

APMA

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。