ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハワイの海にイルカの群れが出現!超高感度カメラで撮影した海中映像が凄すぎる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ナショナルジオグラフィック誌を代表する有名フォトグラファー、ブライアン・スケリーが超高感度カメラミラーレス一眼カメラ「α7S」で捉えた海中の映像が凄い。

これまで光量の少ない海中での撮影は、ライトやストロボなどの照明機器が必須というのが常識だったが、それをくつがえしたのがこの「α7S」。最高ISO感度ISO409600の圧倒的な感度性能を実現した35mmフルサイズセンサー搭載により、光が圧倒的に少ない海中でも、予測不可能な海中生物との偶然の出会いを、自然光のみで映し出すことに挑戦したのだ。

被写体には、海中の生き物だけでなく、水中表現家として活躍する二木あい氏も起用。夕刻の海の中、イルカの群れと二木氏が自由にたわむれる姿は、普段だったら撮影を断念する時間帯だったそうだが、「α7Sだからこそ、日中のような鮮明な写真を撮ることができた」とスケリー氏は語る。

「α7Sでの撮影はすばらしかった。マスクに反射する僅かな光もしっかり映し出し、肌の質感や、複雑に変わる海中の光と影も見事に表現してくれたよ」。

スケリー氏と、二木氏、そして海中の生き物との壮大なコラボレーションは、見る者を圧倒し、大きな感動を与えること必至だ。

【動画】http://youtu.be/GVP_GUtaIv4

【メイキング動画】http://youtu.be/1gKbFavosZM

【参照リンク】
Sony α7Sの超高感度が海中の世界に挑む 60秒バージョン
http://youtu.be/GVP_GUtaIv4Permalink | Email this | Comments

カテゴリー : エンタメ 動画 タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP