ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、側面にもスクリーンを備えた新型Noteスマートフォン「Galaxy Note Edge SC-01G」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTT ドコモ は 9 月 30 日、2014 年冬モデルのドコモスマートフォンとして Samsung 製 Android スマートフォン「Galaxy Note Edge SC-01G」を正式に発表しました。発売時期は 2014 年 10 月下旬(Frost White は 11 月中旬)で、本日より予約受付が行わます。Galaxy Note Edge SC-01G は、IFA 2014 で発表された Galaxy Note 4 の派生モデルです。5.6 インチ 2,560×1,440 ピクセルの Super AMOLED ディスプレイとは別に、フレキシブルディスプレイの特性を生かして本体の側面に幅 160 ピクセルの表示領域を備えた独特の形状が特徴。側面の「エッジスクリーン」はメインの 5.6 インチ WQHD 画面から独立しており、アプリランチャーや音楽コントロールバー、時計、ニュース、タイマー、メジャー、画像などを表示することができます。また、動画再生中だったりカメラを利用している間は、エッジスクリーンに通知が表示されるなど、マルチタスク性も向上します。ドコモモデルは、VoLTE に対応するほか、TD-LTE と LTE 700MHz 帯に対応しており、中国や北米でも一部キャリアのLTEにローミング可能です。また、おサイフケータイやワンセグ・フルセグ、NOTTV (モバキャス)にも対応しています。防水・防塵は非対応です。カラバリは Charcoal Black と Frost White の 2 色。Galaxy Note Edge は Galaxy Note 4 の機能も搭載しています。Galaxy Note Edge 付属のデジタイザペン「Sペン」は 2,048 段階での筆圧感知に対応し、従来モデルよりも筆記感がより自然な感じになりました。また、S ペンは PC のマウスでよく行うテキストのドラッグや範囲の選択が可能になり、S ペンによるスマートフォンの操作性も向上。このほか、S ペンで様々なアプリの画像を取り貯め、様々なアプリといつでも共有できる「スマートセレクト」機能も搭載しています。Galaxy Note シリーズの特徴的な機能である「マルチウィンドウ」は、選択したアプリをフローティング型のアイコンに最小化することが可能になり、好きな時にサイズを元に戻すと画面が再度分割されるといった機能性が向上しました。Galaxy Note Edge のリアカメラは、1,600 万画素の裏面照射型 CMOS を採用。光学式手ブレ補正と電子式手ブレ補正を組み合わせた「スマート光学式手ブレ防止(SOIS)」機能を搭載しました。カメラで撮影した写真をS ノートの新規ノートに変換んする書類や黒板のデジタル化機能「スナップノート」も搭載。フロントカメラは、イメージセンサーが 370 万画素に、レンズは F1.9 の明るいものにアップグレード。自分撮りで明るく撮影できるようになりました。それだけではなく、パノラマ写真を撮影するように端末を動かすだけで 120 度広角の自分撮りもできるのです(ワイドセルフィー機能)。このほか、指紋センサーや光学式の心拍センサー、「S Health 3.5」アプリで紫外線指数を確認できる UV センサーも搭載。マイクは 3 つに増えて、ノイズキャンセリングの精度が向上したほか、周囲の騒音に応じて自動通話音量を調節する機能や音の入ってくる方向を識別しながら録音する音声レコーダー機能も搭載しています。OS:Android 4.4(KitKat)サイズ:151mm × 82mm × 8.5mm、質量177gディスプレイ:5.6インチ、解像度2,560×1,440+160ピクセル(Quad HD+)、Super AMOLED、1,677万色プロセッサ:Qualcomm Snapdragon 805 APQ8084 2.7GHzクアッドコア、Adreno 420メモリ:RAM 3GB、内蔵ストレージ 32GB、microSD/microSDHC/microSDXC(最大128GB)リアカメラ:1,600万画(裏面照射型CMOS、AF、Smart OIS、LED Flash、動画は最大4K@30fps、1080@@60fpsの撮影も可能)フロントカメラ:370万画素(裏面照射型CMOS、F1.9レンズ、動画は最大1080p@30fps)FOMAハイスピード(HSPA):下り最大14Mbps、上り最大5.7MbpsXi(LTE):下り最大150Mbps、上り最大50Mbps通信機能:i-Fi a/b/g/n/ac(デュアルバンド、HT80モード)、Wi-Fi Direct、Bluetooth v4.1、NFC、DLNA、Miracast外部端子類:3.5mmオーディオジャック、micro USB(MHL 3.0対応)センサー類:ジェスチャー、加速度、ジャイロ、コンパス、ライト、赤外線(IrRC)、近接、気圧、Hall、指紋、UV、心拍、SpO2、GPS/GLONASS/BeiDouバッテリー:3,000mAh実使用時間:未定ハイレゾオーディオ:○LTE / Wi-Fiの同時利用:○(高速ダウンロードのみ)緊急省電力モード:○spモード:○ドコモメール(クラウド):○おサイフケータイ:○(FeliCa、NFC)かざしてリンク:○ワンセグ:○フルセグ:○モバキャス(NOTTV):○防水:×防塵:×テザリング:○(Wi-Fiは最大10台)おくだけ充電:×VoLTE:○WORLD WING:○Source : NTTドコモ


(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、4.6インチコンパクトモデル「Xperia Z3 Compact SO-02G」を発表
NTTドコモが「Xperia Z3 SO-01G」を発表、「docomo Xi」ロゴが背面に移る
Sony Mobile、Xpeira Z3 / Z3 Compactの発売開始を発表、テレビCM映像も公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP