ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、4.6インチコンパクトモデル「Xperia Z3 Compact SO-02G」を発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

NTT ドコモ は 9 月 30 日、2014 年冬モデルのドコモスマートフォンとして Sony Mobile 製 Android スマートフォン「Xperia Z3 Compact SO-02G」を正式に発表しました。発売時期は 2014 年 11 月中旬で、本日より予約受付が行わます。Xperia Z3 Compact SO-02G も Sony Mobile のグローバルモデルとなる 4.6 インチスマートフォン。Xperia Z3 のスペックをほとんど維持し、筐体サイズとディスプレイサイズを縮小しています。ドコモモデルは VoLTE に対応するほか、おサイフケータイやワンセグ・フルセグにも対応するなど、一部は ドコモ 仕様になっています。Xperia Z3 SO-01G は対応している NOTTV には非対応です。国内で発売されるカラーはブラック、ホワイト、オレンジ、グリーンの 4 色。Xperia Z3 Compact SO-02G のディスプレイサイズは 4.6 インチ 1,280×720 ピクセル(HD)の液晶で、本体の横幅は 65mm と超スリム。RAM 容量は 2GB、ROM 容量は 16GB。この点が Xperia Z3 SO-01G との大きな違いになります。フロントステレオスピーカーや 4K 動画の撮影、デジタルノイズキャンセリング、ハイレゾ音源の再生(3.5mm ジャック & USB 経由で)、PS4 リモートプレイ機能などは Xpeira Z3 Compact SO-02G でもサポートしています。筐体サイズは 127 x 65 x 8.6mm、質量は 129g。バッテリー容量は 4.6 インチ端末では最高レベルの 2,600mAh。OS:Android 4.4(KitKat)サイズ:127 x 65 x 8.6mm、質量129gディスプレイ:4.6インチ、解像度1,280×720ピクセル(HD)、TFT液晶、TRILUMINOSディスプレイ、Live Colour LED、X-Realityエンジン、1,677万色プロセッサ:Qualcomm Snapdragon 801 MSM8974AC 2.5GHzクアッドコア、Adreno 330メモリ:RAM 2GB、内蔵ストレージ 16GB、microSD/microSDHC/microSDXC(最大128GB)リアカメラ:2,070万画素(1/2.3型Exmor RS、シングルLEDフラッシュ、BIONZ画像処理チップ、F2.0 25mm Gレンズ、8倍デジタルズーム、おまかせプレミアムオート、HDRムービー撮影、無限連写、動画は最大2160p)フロントカメラ:220万画素(裏面照射型CMOS)FOMAハイスピード(HSPA):下り最大14Mbps、上り最大5.7MbpsXi(LTE):下り最大150Mbps、上り最大50Mbps通信機能:Wi-Fi a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz帯)、Bluetooth v4.0、NFC(TypeA/B、FeliCa)、Wi-Fi Direct、DLNA(DTCP-IP対応)外部端子類:3.5mmオーディオジャック、micro USB(MHL 3.0対応)センサー類:加速度、ライト、デジタルコンパス、近接、ジャイロ、気圧、GPS/A-GPS/GLONASSバッテリー:2,600mAh実使用時間:未定ハイレゾオーディオ:○LTE / Wi-Fiの同時利用:×緊急省電力モード:○spモード:○ドコモメール(クラウド):○おサイフケータイ:○(FeliCa、NFC)かざしてリンク:○ワンセグ:○フルセグ:○モバキャス(NOTTV):×防水:○(IPX5/X8)防塵:○(IP6X)テザリング:○(Wi-Fiは最大10台)おくだけ充電:×VoLTE:○WORLD WING:○Source : NTTドコモ


(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、側面にもスクリーンを備えた新型Noteスマートフォン「Galaxy Note Edge SC-01G」を発表
NTTドコモが「Xperia Z3 SO-01G」を発表、「docomo Xi」ロゴが背面に移る
Sony Mobile、Xpeira Z3 / Z3 Compactの発売開始を発表、テレビCM映像も公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。