ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

トミー・ジョン手術 球速増し投球内容良くなるとの考え方も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 完治したとは言い難いこともあり、米国ではヤンキース・田中将大に「トミー・ジョン手術を受けるべきだ」とする声が大きい。
 
 田中に右肘側副靭帯の部分断裂が発覚したのは7月のことだった。肘の腱を再建する「トミー・ジョン手術」を受けるか否かの判断に注目が集まったが、田中は手術を回避。メスを入れずに、血小板を患部に注射して損傷した組織を再生させる「PRP治療」を選択した。
 
 しかし米国ではこの判断に対し、当初から疑問の声が多数を占めていた。
 
 ニューヨークの地元紙『Newsday』は故障発覚直後から「タナカはトミー・ジョン手術を受けるべきだ」とする記事を掲載。2012年にメジャーデビューした剛腕、マット・ハービー(メッツ)がPRP治療後の投球で患部を悪化させ、結果的には手術に踏み切った事例を引き合いに出し、田中に手術を迫った。
 
 その背景には「異変があれば即手術」が常識になっている米国の事情もある。大リーグに詳しいジャーナリスト、福島良一氏の話。
 
「実は今年は、トミー・ジョン手術の初の執刀から40年の節目。この間の医学の進歩により、成功率も格段に上がりました。そのうえ最近では、手術前よりも球速が上がり、投球内容も良くなると考えられるようになっています」

 確かに最近の米球界では手術を経験した選手の活躍が目立つ。

「米球界の至宝」と呼ばれて2010年にメジャー入りしたスティーブン・ストラスバーグ(ナショナルズ)は入団した年に肘を故障してトミー・ジョン手術を受けた。1年のリハビリ後に注目されたのはその球速だ。もともと平均150キロ台後半をマークしていた速球派だが、手術後には160キロオーバーを連発。「術後のほうが速くなった」と騒がれた。

 日本人にも同様のケースが見られる。田澤純一(レッドソックス)だ。日本での社会人時代は最速150キロだったが、2010年に手術を受けて復帰した翌年以降は球威を増し、2012年には最速156キロを記録。リリーフ陣の柱として、今年も日本人初となる2年連続70試合登板を達成した。

「彼らの活躍があるからか、最近では年齢が若いほど手術で球速が速くなると考えられているようです」(前出・福島氏)

 米国スポーツ専門局ESPNによれば、昨年までの過去5年で肘の手術を受けた大リーグ投手は108人。今季はマット・ムーア(レイズ)、クリス・メドレン(ブレーブス)らエース級の若手投手が手術を受け、過去最多の30人近くに上った。メジャーに渡った日本人選手では田澤のほか、松坂大輔、藤川球児、和田毅が手術を選択した。

 では本当に手術すれば球が速くなるのか。日本整形外科認定スポーツ医で京都警察病院の古川泰三・診療部長は、「故障前より球威が増すことは十分考えられる」と語る。

「ただし、新しい腱が元々あった傷んだ靭帯よりも強かったから速くなったなどということはありません。これはあくまでも術後の体のケアによるものです。

 肘の負担を減らすために行なうリハビリ・筋トレで総合的な身体機能が向上することや、肘に負担を与えないためのフォーム改造によって、投球バランスが改善された結果と考えられます。また、術前に抱えていた痛みや不安感が解消されることにより、全力投球できるようになったという面もあるでしょう。

 しかしそれには、適切な体のケアやトレーニング法を知っていなければならず、そうしたノウハウがないと術後の成績は悪くなります。術後のリハビリを含めた専門的な知識が必要な手術なのです」

※週刊ポスト2014年10月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
トミー・ジョン氏 肘の手術を受ける投手たちの若年化を懸念
F.ジョーブ博士の手術 日本人で初めて受けた投手の通算成績
ジョーブ博士「1日に百何十球も投げる甲子園は悪しき伝統」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP