ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

DREAMS COME TRUEデビュー25周年記念、歌詩集『吉田美和歌詩集 LOVE』『吉田美和歌詩集 LIFE』を新潮社より2冊同時発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

この度、DREAMS COME TRUEのデビュー25周年を記念して、10月22日、単行本『吉田美和歌詩集 LOVE』『吉田美和歌詩集 LIFE』を新潮社より刊行する。

日本のPOPS界のトップを走り続けているドリカム。8月20日に発売となった3年9ヶ月ぶりのオリジナルアルバム「ATTACK25」がオリコン初登場1位を記録。さいたまスーパーアリーナを皮切りに現在全国13都市30万人を動員するツアーを開催中と、25周年の今年、ファンに向けての様々な発信を続けている。そして、新たな発信として、吉田美和の歌詩集の発売が決定した。ドリカムデビュー以来、その楽曲の全ての作詩を手がけてきた吉田美和。今回、中村正人監修、書評家・豊﨑由美氏の編集により、300近い曲の中から「LOVE」と「LIFE」というテーマでセレクト、2冊の歌詩集が誕生する。

監修を手がけた中村正人は、吉田美和と長い歳月を歩み続けてきたが、吉田美和の歌詩を「いつかはしっかりした本の形で刊行したい」という夢を、強く持っていたようだ。「吉田は、『自分が書いた詩は歌のためであり、メロディと一緒でないと目的をなさない』という主張をずっと持っています。吉田の歌詩を世界で最初に見るのは僕ですが、レコーディングの際にメロディと一緒に聴いているので、音楽と共に歌詩をとらえていました。ところが20年ほど前に、ふと、プリントアウトして机の上に置いてあった歌詩を読んだときに、激しくこころを揺さぶられ涙がどわーっと出てきたのです。なんだこれは! 吉田の歌詩は『詩』としても、こんなにも素晴らしかったのか!と、驚いてしまったのです」

歌詩をあらためて読んでみると、メロディを忘れるほどで、これは「詠み人知らずになっても、節(ふし)がなくなっても現代まで詠み継がれている『万葉集』に匹敵する可能性を秘めている。どうしても詩集として本にしたい」と強く願ったのだそうだ。

こうした中村正人の強い思いを結実させるために、編者として参加したのは、書評家・豊﨑由美氏。時に厳しく批評する姿勢も文学を深く愛するがゆえで、そのスタンスは文学界でゆるぎない支持を得ている。

その豊﨑由美氏の書評に絶対的信頼を寄せているのが吉田美和。ドリカムのオフィシャルファンクラブ「POWER PLANT」の会報誌で好評連載中の「美和さんの本棚」の執筆を依頼するなど親交も深く、言葉を愛する吉田美和の〈文学友達〉でもある。豊﨑由美氏が全詩を読み込み、あらためて吉田美和の詩の素晴らしさに触れて、「LOVE」「LIFE」という2冊が生まれた。巻末には、この本を監修した中村正人と豊﨑由美氏による特別対談も収録。

さらに、この本の装丁を担当したのは、祖父江慎氏。こちらも日本を代表するブックデザイナーのひとりです。斬新なデザインに挑戦するも、読みやすさ、綺麗な文字組みをなにより大事にする祖父江氏は、吉田美和の歌詩を〈縦組み〉にした。見なれた歌詩が、いつもとは違う雰囲気で立ち上がっていく。

8月23日、さいたまスーパーアリーナを皮切りに全国ツアーがスタートしたが、ツアー会場では、会場限定版として、2冊をひとつの箱に収めた“2冊セット豪華箱入り「吉田美和歌詩集 LOVE&LIFE」”を発売しており、各会場で好評を博している。今回は、会場に来られなかったファンはもちろん、会場限定版を手にした人にも気軽に頁を開いてもらえるよう、ハンディな作り、ライトな装いとしている。また1冊ずつの販売となっている。

書籍情報
単行本『吉田美和歌詩集 LOVE』
単行本『吉田美和歌詩集 LIFE』
2014年10月22日同時発売
著者:吉田美和
監修:中村正人
構成・編集:豊﨑由美
定価:各1,200円(税別)
発行:新潮社

関連リンク

DREAMS COME TRUE オフィシャルサイトhttp://dreamscometrue.com/
DREAMS COME TRUE facebookhttp://www.facebook.com/dct.jp
DREAMS COME TRUE YouTube公式チャンネルhttp://www.youtube.com/dreamscometrue
ATTACKMAN(アタックマン)&CHANCEWOMAN(チャンスウーマン):Twitterアカウント:@DORI_ATTACK25
ニューアルバム「ATTACK25」特設サイトwww.attack25.jp

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP