ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国の芸術家アルカトラズ島で個展

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国の現代芸術家、アイ・ウェイウェイ氏の個展がアメリカ・サンフランシスコのアルカトラズ島の刑務所で9月27日から開催されている。

【画像や図表を見る】

今回の個展は、人権問題や表現に関する現状に疑問を投げかけることを目的に企画された。大規模な彫刻、音声、混合メディア作品などが展示されている。

アルカトラズ島は、映画『アルカトラズからの脱出』や映画『ザ・ロック』の舞台になるなど「脱出不可能な島」として有名。1963年まで連邦刑務所として使用されていたが、現在は国立公園局が管理し観光地化している。今回の展示では立入禁止の場所を含む4つのスペースが使われている。個展は来年4月まで。
(R25編集部)

中国の芸術家アルカトラズ島で個展はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

東京近郊!秋のアートイベント5選
オシャレなゲストハウス続々
埼玉にある謎の巨大地下神殿に潜入!
洞窟探検「ケイビング」のススメ
「ノーベル賞」7つの豆知識

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP