ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハチスノイト、“声”のみで作られた初のソロ・アルバム『Universal Quiet』をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夢中夢、Magdalaのボーカリスト、ハチスノイトが初のソロ・アルバム『Universal Quiet』を11月13日(木)に発売することが明らかになった。

バンド、ユニットでの活動のほか、ソロ・ボーカリストとして東京都現代美術館10周年記念公演〈FLUXUS in JAPAN〉へパフォーマンス参加するなど、繊細かつ深遠な響きと聖母マリアのような包容力を感じさせる歌声をさまざまな空間で披露しているハチスノイト。初のソロ・アルバム『Universal Quiet』はなんと“すべてが「声」のみで作られた”作品。一聴すると、ストリングスを使っているのかと思いこんでしまうほどスケールが大きく荘厳な印象を受ける音世界は圧巻だ。

深層心理療法家の顔を持つハチスノイトはこのアルバムを制作するにあたり、メロディー・ささやき・吐息・舌音などありとあらゆる「声」を録音、さらに縦横無尽で自由なエレクトロニクス処理を駆使することによって、彼女の故郷・知床を思わせる圧倒的に美しい自然や神聖なアニミズム的世界の音楽を作り上げている。

クラシカル、民俗音楽、ウィスパー、ポエトリー・リーディング等を昇華した独自の歌唱解釈により紡がれた全10曲。これは実験的ポップスか、はたまた異端の賛美歌集か。現在、『Universal Quiet』のトレイラー動画が公開されているので、その世界観の一端に触れてみて欲しい。また、ハチスノイトは10月4日(土)の〈大館・北秋田芸術祭2014〉の開会イベント『根子フェス2014』へ出演。こちらは今回DOMMUNEがキュレーションしており、当日のイベントの模様はDOMMUNEから生配信されることも決定。遠く秋田へ想いを募らせている方も自宅で楽しめるイベントとなっている。さらに10月19日 (日)には『Universal Quiet』プレ・リリース・ライヴを開催する。(岡本貴之)

・『Universal Quiet』詳細(PURRE GOOHNオフィシャル・ウェブサイト)
http://purre-goohn.com/

・ハチスノイト参加の夢中夢、Magdalaの作品はOTOTOYから配信中!!
http://f01.ototoy.jp/_/default/p/14958
http://f01.ototoy.jp/them/index.php/80007

ハチスノイト / Universal Quiet(Official teaser)

http://youtu.be/qULHsMpfUc0

ハチスノイト『Universal Quiet』
〈収録曲〉
1.kamuy mintar
2.sacre du printemps
3.festi
4.lulilo
5.matematika
6.krabo
7.w.h.
8.Traum
9.Aalu
10.avecml16
発売日: 2014年11月13日
発売元: PURRE GOOHN
※詳細はPURRE GOOHNオフィシャル・ウェブサイトまで

〈大館・北秋田芸術祭2014〉
開会イベント 『根子フェス2014』
宇川直宏(DOMMUNE)×根子トンネル
2014年10月4日(土)
開場 / 開演:14:15 / 14:45-16:45
会場:阿仁根子集落
受付場所:北秋田市阿仁根子 根子トンネル入口
チケット:
〈一般〉5,000円〈前売・高校生以下・障がい者〉4,500円
キュレーション・配信:宇川直宏(DOMMUNE)
出演:七尾旅人(ボーカル&アコーステックギター&エレクトロニクス) /
真鍋大渡(メディアアート) / ハチスノイト(ボイス) / 柊アリス(旋回舞踊) / 安野太郎(エアーコンプレッサー&縦笛) / KENTARO!!(コンテンポラリーダンス)
http://inukuma.jp/events/nekkofes/

〈ハチスノイト『Universal Quiet』プレ・リリースライヴ〉
2014年10月19日 (日)
会場:山口 周南 KUSAKA – 旧日下醫院 –
COFFEEBOY nagisa店
開場 18:30/開演 19:00
チケット 2,000円 ( +1drink order )【予約制】
■special guest
hatis noit ( from.TOKYO )
■cast
きららちゃん
チケット予約:
info.hatis@gmail.com

カテゴリー : エンタメ 動画 タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP