体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

パフォーマンス2倍モデル・液晶搭載モデルリリース! 機能と使いやすさを大幅に向上したGoPro社『HERO4』シリーズ体験会レポート(機能紹介編)

HERO4

革新的なカメラで今までにもさまざまな賞をとっているGoPro社。その技術の全てを注ぎ込んで開発したという新製品『HERO4』シリーズが全世界で10月5日より発売されます(日本国内では10月より順次発売)。先日、プロモーションを兼ねた体験会がアメリカのサンフランシスコ、イギリスのロンドン、日本の東京3か所で同時に開催されました。

※時差の関係で東京が世界で最も早い時間での実施

日本では12名だけが参加というこの体験会に、なんとガジェット通信も参加。GoPro本社の方々より教えていただいた最新情報と『HERO』シリーズの撮影のコツなどを発売に先駆けてご紹介いたします。

すべての写真をご覧になりたい方はガジェット通信をご覧ください。
http://getnews.jp/archives/674747 [リンク]

人間の視野角と同じ170度の超広角、圧倒的な軽さ、小ささ、丈夫さでカメラの使い方を大きく変えたGoPro『HERO』シリーズ。

GoPro社のサイトでは様々な動画が公開されています。

GoPro Channel

下記は最新の『HERO4』で撮影された動画。美しくものすごくダイナミックです。

https://jp.gopro.com/channel/video-of-the-day/gopro-hero4-the-adventure-of-life-in-4 [リンク]

発売が予定されているのは最上位機種『HERO4 BLACK』、液晶ディスプレーがついた『HERO4 SILVER』、廉価版『HERO』の3製品。Training ManagerのCohen Summersさんから、それぞれの製品についてご紹介いただきました。

GoProさんより商品説明

『HERO4 BLACK』

この製品は過去の最高性能を持った『HERO3+』の2倍のパフォーマンスを実現しているとのこと。資料にはこんな言葉が。

2x the performance, yet again.(2倍のパフォーマンス。再び。)

『HERO4 BLACK』は『HERO3+』以前の2倍の性能(プロセッサの処理能力)を持っていて、4Kというシネマモードの解像度では秒間30コマ、2.7Kのシネマモードで秒間50コマ、FULL HD 1080pの解像度では秒間120コマで動画が撮影できます。

1 2 3 4 5次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。