体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フィットネスクラス受け放題!定額制「ClassPass」が米国で人気急上昇

ClassPass

今、米国で最もホットなフィットネスサービスとも言えるほど勢いにのっているのが、毎月定額を払うと無制限にフィットネスクラスを受けられる「ClassPass」だ。いろんなスタジオのクラスを好きなだけ受けられるとあって、急激に利用者を増やしている。

もともと2012年にニューヨークで始まったサービスだが、その便利さ、手軽さ、お得感から人気を呼び、今やボストン、シカゴ、サンフランシスコ、ロサンゼルスの5都市に広がった。

■入会金なしでスタジオ巡り!

人気の最大の理由の一つが、利用料金が月99ドルとお手頃なこと。この99ドルさえ払えば、入会金など一切なしにいろんなスタジオのクラスを好きなだけ受けられる(同じスタジオの利用は月3回まで)。

さらに、ClassPassで利用できるクラスが、ヨガ、ダンス、ピラティス、バレエ、キックボクシング、トレーニングなどバラエティ豊かなこともユーザーを惹き付けているようだ。約500ものスタジオが参加していて、ユーザーはそれぞれのスタジオに入会しなくても新しいクラスに気軽にチャレンジできる。

■空き確認・予約はネットで

そして、スタジオの検索やクラスの予約がサイトで簡単に行えることも利用増につながっている。自宅やオフィス周辺でどんなクラスがあるのかが一目で分かり、気になるスタジオや日付を入力すると空きのあるクラス一覧が表示される。住まいの周辺だけでなく、上記の都市なら出張などの際でも利用できる。

とにかくフィットネス好きのユーザーにとってかなり“おいしい”サービスなのだが、スタジオ側にもメリットがある。というのも、ほとんどのスタジオは小規模のため宣伝するのに限界があるが、ClassPassを利用すれば空きのあるクラスに人を集められ、収入につなげられるからだ。

利用者も参加スタジオも右肩がありのClassPass、このほど1200万ドルを調達し、この資金をもとにさらにサービスの拡充を図る考えのようだ。日本にもこういうサービスがあれば利用したい、という人はけっこういるのではないだろうか。

ClassPass

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy