ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東京オリンピックまで、あと6年……でも、スポーツ施設が減っているらしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東京オリンピックが開催される2020年まで、あと6年を切った。世界のトッププレイヤーの姿を間近に見られることはもちろん、現時点では中学・高校生の選手がオリンピック開催時には18〜24歳になっているわけだから、この6年間でどれだけ成長するかも楽しみなところ……その一方で、ひとつの不安も存在する。学校や公共のスポーツ施設が、減少しているのだ。

文部科学省が行っている「体育・スポーツ施設の現況調査」によると、2002年に全国で約24万ヶ所あったスポーツ施設は、2008年の最新データでは約22万3000ヶ所にまで減少している。内訳を見ると、学校(大学・高専を除く)施設=約1万2800ヶ所減、大学・高専施設=約600ヶ所減、公共施設が約=約2700ヶ所減、職場施設=約1500ヶ所減で、かろうじて民間施設が500ヶ所ほど増えているものの、全体としては大幅な減少が目に見えている形だ。

もちろん、少子化・人口減少が進んでいるわけだから、それに連れて施設が減っている側面もある。かといってスポーツ施設の「量」とともに「質」も下がるのではないかと、不安になるところ。

……とまあ、こんな話で終わってしまうと気分が暗くなるばかりだから、2020年にちょっとは希望の持てる動画をご紹介したい。

【動画】http://youtu.be/fJrCV0odjIU

こちらは9月28日から「アジア大会2014」のテレビ中継で放送されている、日本スポーツ振興センター(JSC)によるCM。宮本恒靖(サッカー)や村田諒太(ボクシング)、上村愛子(モーグル)、さらにパラリンピック出場経験者の国枝慎吾(車いすテニス)など、総勢13名のアスリートが名曲「Stand by Me」を歌いながら真剣に練習に励む子どもたちを見守るという内容だ。

ネット上では、次のような感想の声も聞かれる。

「宮本発音良すぎい、いいCM」(原文ママ)
「これはよいCM!今のトップレベルのアスリートが次世代に伝えるっていうコンセプト」
「いいCMつくったなー、必見!」

ちなみに、JSCはスポーツ振興くじ「toto」「BIG」を販売しており、今回のCMもスポーツを応援する理念を表しているそうだ。「なぜ、サッカーくじが子どもたちのスポーツと関係あるの?」といった声もあるかもしれないが、toto、BIGの収益は施設や指導者の養成を含めたスポーツ環境の向上にあてられる。つまり、スポーツする場が少なくなりつつある現状で、学校のグラウンドを芝生にしたりナイター設備を導入したり、といった場面にくじ売上の一部が使われているのだ。

スポーツ振興くじを通して、日本のスポーツの未来にも思いをはせてみてはいかがだろうか。

【参照リンク】
スポーツ振興助成サイト
http://www.toto-dream.com/support/ Permalink | Email this | Comments

カテゴリー : エンタメ 動画 タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP