ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

担当者の変更依頼やクレーム先など宅配トラブルを専門家解説

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「クール宅急便」で配達された商品が解凍され売れなくなったとして洋菓子業者が宅配業者へ損害賠償を求める裁判を起こす事件が起きたが、そんな宅配トラブルを回避するにはどうしたらいいだろうか? 宅配業界に27年在籍した経験のある宅配専門家の岡田知也さんが、正しい要望の入れ方などを解説する。

「トラブルに遭うと、担当者を代えてほしくなる気持ちはわかりますが、宅配便はエリア制のため、個人宅だけ担当を代えることは、なかなか難しいのが現状です。実は、地元生まれで地域に詳しい人がエリア担当になることも多いので、代わりを見つけてほしいと言っても、すぐにとはいかない場合が少なくないのです」

 そもそもどこにクレームを入れるべきだろうか?

「問題が起きた場合は、自宅を管轄する営業所に連絡をいれるのがおすすめです。本社に連絡を入れても、現場にその話が下りるまで時間がかかるので、近くの営業所長に相談するのが手っ取り早いのです」

 配送は日中帯がねらい目だという。

「M型曲線といって朝晩は荷物量が多いので、手違いが起こることも。配達遅延のトラブルを避けるには、日中帯を指定すると、ドライバーに余裕があり、扱いがより丁寧になる可能性が」

 割れ物梱包のコツは業者に聞くといい。

「梱包する側の問題で荷物が破損することもあるので、うまく包むコツを営業所で指導してもらうのも手。また、割れ物は“天地無用”と書くほか、宛名シールを側面ではなく上側に貼るだけでも効果が。というのも、宛名シールがはがれないように、上に向けて荷を詰め込むから。また宛名シールがはがれる場合が稀にあるので、箱や袋に名前と電話番号を書くのがベター」

※女性セブン2014年7月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
宅配便で送付 サソリ、覚せい剤、雪だるま、カレー鍋ごと等
宅配便配達員が証言「amazonで本買う人は不在のことが多い」
宅配マンが敬遠する荷物は水 大量に運ぶと憂鬱な気分になる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。