ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

神戸女児遺棄容疑者 宗教入信希望も酒癖悪く入信許可議論に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「とても親切な信者が多いし、生活に困ったらお互い助け合える。自分も入信させてもらえないか」

 9月24日、神戸市の市立小学校1年、生田美玲さん(6)の遺体を遺棄した容疑で逮捕された君野康弘容疑者(47)は今春、某宗教団体を訪ねてこう切り出したという。教団幹部が明かす。

「近隣に住む信者の紹介だった。最初はおとなしい印象だったが、会合で酒を飲むと突然、暴れ出した。そうしたトラブルが続き、教団内でも“入信させていいのか”と議論になったが、素面(しらふ)の時は神妙に“入りたい”と繰り返す。入りたい人を拒んではいけないという宗教の本義から入信を認めた」

 君野容疑者は鹿児島・南九州市出身。10軒ぐらいが点在する山間の集落に、祖母と2人で暮らしていた。親族のひとりがいう。

「父親は酒を飲むと人が変わって、暴れると手が付けられない男だった。康弘が幼い頃からほとんど家におらず、そのうちに失踪。すぐに母親もいなくなったので、ずっと祖母との2人暮らし。康弘をかわいがった祖母も高校の頃に亡くなってしまった」

 地元の水産高校を卒業し、21歳から2年間、陸上自衛隊えびの駐屯地(宮崎県)に入隊していた。その後は鹿児島市内の食品配送会社で働くなど、職を転々とした。

「昨年5月に関西の刑務所から出所した後、現在の神戸のアパートに移り住んだ。逮捕経験があるからだろう、今回も取り調べに対し、“黙秘する。早く当番弁護士をつけてほしい”と馴れた様子だった」(捜査関係者)

※週刊ポスト2014年10月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
川内原発 国内最大級原子炉建設計画あったが着工時期は未定
国内最大のメガソーラー発電所 鹿児島でこの秋から稼働予定
薩摩の歴史研究者がソニー創業者等会津関連の人物紹介した書

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP