ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東京都北区赤羽の住民「おでんにカレーボールが入ってるのは日本の常識だと思ってた」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東京都北区赤羽の住民はこう語る。「おでんにカレーボールが入ってるのは日本の常識。そう思っていた頃もありました」と。

しかし他の地域でおでんを食べるようになってから「あれ? カレーボールがない!」と思うようになり、むしろカレーボールはおでんにとってイレギュラーな存在であることを知ったという。そもそもカレーボールって何!?

カレーボールとは、つみれのような食感をしたカレー風味のボール。

北区をはじめとした東京の下町の一部で愛されているおでんの具で、魚のすり身や挽肉を材料にしたものがあるという。

赤羽の立ち食い居酒屋やおでん店では、串に刺されて煮込まれており、客に出すとき串からはずす。

大きさはうずらの卵程度で、一口で食べられる大きさ。一口食べれば弾ける食感とともにカレーの風味が広がる。

赤羽ではあたりまえのように食べられてるカレーボールだが、どこでも食べられる具ではない。

赤羽は居酒屋の名店が多数あるので、食べ歩きついでにカレーボールも食べてみてはいかがだろうか?

記事: Buzz+(バズプラス) http://buzz-plus.com

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP