ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【お部屋訪問】ひげ女装外国人・レディビアードちゃん編

DATE:
  • ガジェット通信を≫

友だちの部屋に遊びに行くような感覚で、有名人の部屋に上がりこんでみたい……。そんな妄想から始まった当連載。第3回目の訪問先は、「ひげ女装外国人」としてネットを中心に話題を集めているLadybeard(レディビアード)ちゃんの部屋だ。普段の部屋での過ごし方や、女装を始めたきっかけなどを聞いてみた。

ベッドの上でうつろぐビアちゃん

■レディビアードちゃん

パフォーマー、げんきプレゼンテーター、あるいは既成概念をぶち壊しながら新しい“カワイイ”を届け続ける破壊系アイドル。これまで、プロレス、ヘビメタ歌手、俳優、スタントマン、声優などさまざまな活動を国境を越えて行ってきた。身長181cm、体重86kg。8月3日生まれ。オーストラリア出身。
「日本が私のホームだと感じた」

ビアちゃんは、閉塞した現代日本の空気を破壊するため、「げんきプレゼンター」を肩書きに、プロレスやヘビーメタルシンガー、モデルなど、幅広いジャンルで活躍するパフォーマーだ。出身は、オーストラリアのアデレードで、以前は、香港でプロレスや俳優、声優活動を行っていたという。初めて日本に来たのは2011年。そして、2013年秋に再来日した。どうして日本を拠点にしようと思ったのだろうか? そもそも、なぜ女装を始めようと思ったのだろう?

「女装を初めてしたのは、15歳。妹のドレスを着てパーティーに行った時ですね。その時、みんな喜んでくれて、とてもうれしかったのを覚えています。それで、香港でプロレスを始める時、キャラクターを決める必要があって、ひげを生やした女装の『Ladybeard』というキャラクターを思いついたんです」

「日本へは時々、巡業しに来ていたのですが、日本人のお客さんが私のパフォーマンスを気に入ってくれました。日本の“カワイイ文化”も私好みで、『ここが私のホーム』と感じて移り住むことを決意しました」

現在、ビアちゃんは、新宿にあるアパートで1人暮らしをしている。新宿に住もうと思った決め手は?

「やっぱり交通の便がとても良いことですね。お店もたくさんあるし、生活していくのに困りません。人は多いですが、以前住んでいた香港の旺角(モンコック)は、世界で一番人口密度が高い街でした。それに比べれば、新宿はゆったりしていますね。不満を挙げるなら、24時間営業のトレーニングジムがないことくらい」

オーストラリアの家族や友人とは、たまにスカイプで電話をしているそう。今年のクリスマスには、一時帰国する予定で、「今から楽しみです!」と笑顔で話す。部屋での過ごし方は?

仕事が忙しく、今はまったく遊ぶ時間がないというビアちゃんだが、普段、部屋ではどのように過ごしているの?

「寝るのが大好きなので、ほとんど寝ていますね。できることなら、一日10時間以上は寝たいです。起きた後、自分が生まれ変わったような感覚になるのが好きなんですよ。それ以外の時間はトレーニングをしたり、好きな映画を観たり、料理をしたりしています」

ビアちゃんは、体型維持のため、普段は豆料理しか食べないそうだ。冷蔵庫の中を見せてもらうと、大量のグリーンピースが……! しかし、それでは、メンタル的にキツイということで、1~2カ月に1日だけ、普段は食べない高カロリーな食品を摂取する「チートデイ」(爆発の日)を設けているという。

「ファンのみなさんから、いつもおいしそうな食べ物をもらいます。それを1カ所に集めて、キツくなったら『もうすぐこれを食べられる……』と自分に暗示をかけています。けれど、食べ過ぎてしまうと歯止めが効かなくなってしまうので、注意が必要ですね」

部屋で落ち着く場所は?

「寝るのが好きなので、ベッドの上が落ち着きますが、何か考え事をする時は風呂場とトイレに向かう廊下にいます。洗面台の鏡に写る自分に向かって、『お前は何がしたい』『いま、何をするべきか』と自問自答するんです。狭い空間で、ほかに何もモノがないから、集中するには打ってつけの場所なんですよね」「ファンからのプレゼントは宝物」

ビアちゃんの部屋でとにかく目につくのは、至るところにあるファンからのプレゼントや手紙だ。

「ファンのみなさんからもらったものは、すべて私の宝物です。つらい時、苦しい時は、それを見て元気をもらうようにしています。ファンレターもなるべく全部に返信するようにしているけど、まだ返事を出せていない人はゴメンね~!!」

今年はどんな年だった? これからの目標は?

「今年は、私の人生のターニングポイントとなる年でした。忙しく、大変な時もありますが、とても充実した日々を送っています。これも応援してくれるファンのみなさんのおかげ。今後は、プロレスでもライブでも、もっと大きな舞台で活躍したいですね。あ! あと、ずっと興味があったバレエにも挑戦してみたいです」

ひげに胸毛、強靭な筋肉……なのにかわいらしく、愛おしいビアちゃん。彼が多くの人に愛される理由が、部屋を訪れて分かったような気がする。今後の活躍にも注目だ!

(播磨谷拓巳/ノオト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP