ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あの「太陽の塔」が「超合金」となって21世紀の世に再降臨!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

かつて、多くの国民にとって大きな衝撃を与えた、岡本太郎作の大阪万博のシンボル「太陽の塔」。その鮮烈なイメージは、未だに多くの人々の心の中に深く刻みこまれているが、そんな「太陽の塔」が超合金ロボとなって21世紀の今、新たに登場した。

このアイテムは、株式会社ポピーが1974年に発売し、当時の子供たちを熱狂させた、いわゆる「超合金」シリーズの40周年を記念して発表された限定アイテム。公式サイトでは佛田洋監督による本格的な特撮プロモーションムービーも公開されるなど、かつて超合金キッズだったお父さん世代にとっては、まさに「胸アツ」な内容だ。

無論、基本が「太陽の塔」である以上、形態変化させずに、そのまま鑑賞用として飾り、その重厚な質感を楽しむことも可能。「太陽の塔」マニアも、「超合金」ファンも、気になる人はチェックしてみては如何だろうか。

文・今岡憲広

■参照リンク
超合金 太陽の塔のロボ
http://tamashii.jp/special/tots_robo/Permalink | Email this | Comments

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。