ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ケンドリック・ラマーが新曲「i」を突如発表、SoundCloudの再生回数がわずか24時間で200万回を超える

DATE:
  • ガジェット通信を≫

posted by Jay Kogami

ケンドリック・ラマーが新曲「i」を突如発表、SoundCloudの再生回数がわずか24時間で200万回を超えるヒットに

ラッパーのケンドリック・ラマーが突如新曲「i」をネットで公開しました。2012年に「Goodkid mAAd city」をリリースして以来の新曲としてファンやSNSで高い注目を集めています。

さらにこの新曲は、音楽共有サービス「SoundCloud」で公開から24時間で再生回数200万回以上を記録、ファンの熱度の高さを示すベンチマークとなっています。

“i”はSoundCloudで公開後6時間で再生回数が100万回に到達し、リリースから3日現在 (26日)では330万回を突破する程の勢いのまま聴かれ続けています。

YouTubeの場合は、動画公開から24時間で再生回数100万回以上を記録することは、大物アーティストであれば実現します。最近ではテイラー・スウィフトの「Shake if Off」の動画が記録を達成しています。

しかしSoundCloudのように音源だけで再生回数が100万回以上を抜くことは、極めて珍しいケースです。ケンドリック・ラマーは「i」の動画は未だに公開していないため、唯一の音源(しかも無料)はSoundCloudの音源のみです。

SoundCloudは月間ユーザー数1億7500万人以上が200以上の国からアクセスする、ベルリンが拠点の音楽スタートアップです。投稿される楽曲数は、巨大な音楽共有プラットフォームです。

SoundCloudには毎分12時間分のオーディオがアップロードされています。そしてその中の半分は、アップロードしてから60分以内にSNSを通じてリスナーによって聴かれるという、音楽のコミュニケーションが実現しています。クリエイターがファンと直接音楽でつながる体験を演出するプラットフォームとして成功しているSoundCloudは、楽曲のプロモーションとSNSの波及効果以外にも、どれだけファンから注目を集めているかを見分ける新しいバロメーターかもしれません。

■記事元http://jaykogami.com/2014/09/9242.html

記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP