ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

音楽P・島田昌典、ワークスコンピ「島田印」発売記念で自身初となる講演を開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

9月27日、aiko、いきものがかり、秦 基博、back number、YUKI等日本を代表するアーティストを手掛け、今年活動30周年を迎えた音楽プロデューサー島田昌典氏が楽天タワー(品川シーサイド)にて自身初となる講演を開催した。

これは氏の活動30周年記念ワークスコンピアルバム「島田印-島田昌典ワークス・ヒットコレクション-」の発売を記念して、楽天ブックスで本商品を購入した方を対象に行われたもので、音楽プロデューサーとはどういう職業か、「島田印」収録曲の解説、

音楽をプロデュースする際の氏の想い、また活動30年の中で経験したここだけのマル秘エピソード等を、司会を務めるランキングBOX編集長である田中久勝氏とのトーク形式で披露した。

応募者の中から選ばれた参加者約100名は20代~50代までの男女と、世代や性別を越えて幅広く、「島田印」に収録されているいきものがかりの「帰りたくなったよ」のイントロを島田氏がキーボードで生演奏をした際には感動のあまり泣き出す参加者も見られた。

「島田印」の収録曲を通して音楽に対して真摯な想いや経験を語る姿には参加者も聞き入り、メモを取る姿も見られたが、時折交えるジョークには笑いが漏れ、和やかな雰囲気で講演は進んでいった。

「おもちゃ箱」とも称した自身のスタジオ「Great Studio」の話では内観や、そこに置いてある数えきれない楽器の数々を写真と共に紹介し、そのGreat Studioを再現するコンセプトで11月4日にいきものがかり、秦 基博、back numberを迎えて日本武道館で行われるライブ「「Great Studio Live at BUDOKAN」〜バラスーシな奴らがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!〜」について、「前回の島田会もいきものがかり、秦くんが“カブトムシ”をデュエットしたりと、その日だけのコラボが出来たけれど、今回はback numberも迎えてより大きくなった

一夜限りの奇跡のコラボ、奇跡の歌を聴いて欲しい」と意気込みを語った。

続く島田氏への質問コーナーでは、なんと「Great Studio Live at BUDOKAN」に出演するいきものがかり、秦 基博、back numberからの質問もビデオで寄せられ会場は大きな驚きと歓声に包まれた。

最後はCD、ダウンロード、ストリーミングと、音楽との接し方や関わり方がどんどん変化していく中で大切にすべきものはなにかという田中氏の質問に「音楽を取り巻く環境は変わったとしても音楽の持っている力は変わらない。アーティストやクリエイターはその力を信じ、

一生懸命良い作品を追求することで、音楽の持つわくわくどきどきを伝えていくことが大切だ」と90分にわたる講演を締めくくった。

関連リンク

島田昌典 スペシャルサイトhttp://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/shimadajirushi
Great Studio / 音楽プロデューサー島田昌典オフィシャルFacebookページhttps://ja-jp.facebook.com/greatstudio2014

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP