ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

四国お遍路 バスツアーが安くて便利、2980円のお試し価格も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 お遍路へ行こう。そう思い立っても、悩むのは「足」。自分の脚力や許される日程、限りある予算…そんな諸々の不安が頭の中を駆け巡る。そこで「歩き」「バス」「タクシー」のメリット、デメリットを洗い出しました!

「1人ではちょっと」という人や「なるべくお金をかけずに巡りたい」という人たちの味方となるのがバスツアーだ。昨今のお遍路人気を受け、旅行代理店各社は競ってお遍路ツアーを行っている。

 全行程に先達が同行するところが多く、参拝の作法なども学べて、見識が広がる。

「今年は圧倒的に開創1200年の年だからという理由が多いのではないかと思います」と語るのは、阪急交通社のツアー企画担当者。以下は、阪急交通社のツアー概要だ。

●「秋から始めるお遍路の旅・全12回シリーズ」(大阪・梅田出発など)

 全12回にわけて八十八ヶ所を日帰りで巡るツアー。第1回(1~6番)は2980円のお試し価格となっている。

●「四国八十八ヶ所お遍路の旅 2日間~4日間 全4回+お礼参り」(羽田空港発)

 第1回は2名1室の場合、4万9900円。

 いずれも10月出発開始のツアーも用意されている。

 JTB旅物語中部では年2回、3月スタートと9月スタートの「8回+高野山お礼参り」の合計9回のツアーを行っている(10月出発の第2回、6~10番札所の日帰りは、9980円)。このツアーの特色は、バスだけではなく、新幹線も利用すること。徳島や香川はバス利用、高知や愛媛は新幹線を利用して現地へと向かう。参加者はどんな人が多いのかを聞いてみると、

「全体的に60才以上のかた、ご夫婦や女性同士で、というかたが多いです。最近の傾向としては、お1人での参加が多いこと。宿泊先もグレードの高い施設を希望されますね」(JTB旅物語中部広報室の長谷川さん)

 とのこと。もちろんバスツアーにも「通し打ち」がある。クラブツーリズムでは、東京発のバスを利用した1回コース13泊14日のツアーで33万3000円。開創1200年の記念の年ということで、1回で巡るツアーが例年以上に人気だという。

※女性セブン2014年7月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
作家・奥田英朗の「お遍路」の楽しみ まずは讃岐うどんから
松阪牛&松茸&伊勢海老食べ放題バスツアー 7980-9680円
開創1200年の「お遍路」 宗派は関係なく巡る順にルールなし

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP