ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ベスト盤発売の柳沢慎吾 肩書きは俳優? タレント? 芸人?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 8月に初のベストアルバムを発売した柳沢慎吾(52才)。CDとはいっても収録されているのは、警察に密着するドキュメンタリーや高校野球の有名シーンを模した一人芝居の音声だ。この“ほぼ歌っていないCD”は2009年に初めて発売されて以降、シリーズ化されるほどの人気だ。

 そんな柳沢は、幼少の頃からテレビが大好きだった。テレビで見たものを真似ては友達を喜ばせていた。彼の芸は、いわばその延長。クラス一の人気者が、そのまま芸能界を突っ走り、気がつけばデビューから35年が経過していたのだ。

 そのキャラはブレることがない。浮き沈みの激しい芸能界では稀有な存在だ。そう言うと本人はこんな意外な話をした。

「実はダメな時期もあったんです。23、24才ぐらいかな。ドラマを4、5本掛け持ちしてバラエティーにも出て寝る暇もなかった。それでイライラしてスタッフに不機嫌な態度をとったりして。天狗になってたんです。それからは仕事をセーブして心に余裕を持たせるようにしたし、周囲の人に感謝の気持ちを忘れないようになったんですよ」

 テレビではおちゃらけたイメージが強いが、根は真面目。ドラマの収録には台本は持参しない。前日までに全ての台詞を頭の中に入れるから。バラエティーやトーク番組では、いまだにピンマイクを付ける瞬間、「どうしよう。スベらないかな?」と緊張感に襲われる。

 唯一の気晴らしは妻や友達と愛車で行く温泉旅行。ただ、「『警視庁24時』などの見たいテレビ番組があれば、生で見たいのでキャンセルします」と笑う。根っからのテレビ好きだ。

 ところで気になるのが、その肩書。俳優? タレント? それとも芸人?

「おれ自身も気になってたんですけど、この前、ある人に言われたんです。“柳沢慎吾はオンリーワンなんだから肩書なんて関係ない”って。強いて言うならおれの肩書は柳沢慎吾かな(笑い)。それじゃ、あばよ!」

※女性セブン2014年10月9日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
遠野なぎこ 柳沢慎吾を「この人はすごい」と心底尊敬する
BEST album発売柳沢慎吾 警察ネタはTMN木根との雑談で誕生
「TV局を減らせ」と説く元業界人がTV界の現状を描いた書

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP