ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

櫻井翔 ハワイライブを経て新たなチャレンジをしていきたい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 デビュー会見を行った縁の地・ハワイで15周年記念ライブ『ARASHI BLAST in Hawaii』を成功させた嵐のメンバー・櫻井翔(32才)。「ジャニーズJr.は期限のある部活動のようなもの」と考えていた櫻井にとって、15年前のハワイでのデビュー会見は複雑心境で臨んでいたと当時を振り返るインタビューで語っている。

 しかし、嵐を続けるうちに「サクラップ」と称されるラップで不動の地位を築き、10周年には『5×10』で嵐への思い出を綴った。そんな櫻井は嵐15周年に何を思ったのか?

 * * *
 デビューしてから、メンバーとの関係性はずいぶん変わったかな。Jr.の頃は先輩後輩がしっかりあって、たくさんいるJr.の中から5人だけになるってことだから、最初のうちはそれなりに大変だったような気がする。でもそれから3~4年経ってからは変わってないんじゃないかな。

 右も左もわからずに行ったハワイでまたコンサートができるってことの意義は究極5人にしかわからないと思う。5人で共感できたらいいなって思ってる。その感覚は…なぜグッとくるかっていうのは、他の誰にもわからないんじゃないかな。想像することはできてもね。ハワイ公演を経て俺らは先に進みたいね、新しいこと、今までやってないことに触れたいっていうのが明確にあるから。

※女性セブン2014年10月9日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ハワイライブ成功の大野智 嵐メンバーはかけがえのない存在
嵐15周年ハワイコンサートで友情にヒビ 「名義に傷」懸念も
嵐『BLAST』ハワイ3万人ライブ 機材20t、最後に花火400発

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP