ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

恋人に昇格できないのは、知らずにやってる「癖」のせいかも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

140928wedding.jpg
「恋をしたい、素敵な人にめぐり合いたい、大好きな人と結婚したい…」。
女子にとっては当たり前で、かつ切実な願い。これまで、たくさんの人のこのような相談を、解決に導いてきました。連載プロポーズまでの365日では、これらの経験をもとに、成功メソッドをご紹介します。
140928propose.jpg
じつは、ほとんどの女性が知らず知らずに行っていること、やってしまっている行動が、男性にとっては許せない癖かもしれないことに気づいていますか?
もっと具体的に言ってしまえば、あなたのその癖が友だちから恋人へ昇格することを拒んでいる可能性が…。思い当たる人はすぐに直してくださいね。

髪をいじる癖

気がつけば、常に自分の髪の毛をいじっている女性がいます。触っているのではなく、指で何かをさぐっているだけ。
しかしながら、どんなに美しい髪の女性だとしてもそれはまるで猫の毛づくろいのような雰囲気。男性のなかには、髪をいじった指で自分に触れてくる女性に嫌悪する人もいますので、気をつけましょう。

携帯をいじる癖

近頃は携帯を離せないという人も多いようですが、それは一言でいうと相手に興味がない、と言っているのと同じです。
自分に興味がない女性に、一緒にいる男性も興味はわきません。とくに食事中はNG。破局間近のカップルは、お互いのことを見ずにスマホばかりを見て会話がありませんよね。

食事中に足を組む癖

正確に言えば、日本女性はエレガントに足を組むことが苦手です。大人の女性が魅せる場面ならいいですが、ほとんどの場合だらしないイメージを男性に植えつけてしまいます。
また足を組まなくても、膝を開いた姿勢やハイヒールを脱いでぶらぶらしてしまったり、彼が見ていないと思って油断しないよう普段から気をつけておきましょう。

人前でメイクをする癖

電車に乗って席に座った途端、バックから大きな鏡を取り出して顔を見る女性。カフェだろうが、レストランだろうが関係なし。
そのたびにマスカラを塗り直したりファンデーションをはたいたり。それが普通のあなたなら大危険。男性は、自分の彼女にだけはそんなことしないでほしいと思っていますよ。
そもそも男性は女性の化粧が嫌い。メイク直しの度につけなおすコロンも激臭だということも忘れないで。
普段何気にやってしまっていることは、すでにあなたの習慣として身についてしまっています。知らずに人を不快にしていたり自ら墓穴を掘っていないか、メイクやおしゃれの前に考えてみてくださいね。
Wedding image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
親しき仲にも礼儀あり、相手は望まない過去の話
「彼とずっと一緒にいたい」と思ったら、見直してみたいこと
愛されているか自信がない…彼の本音の見わけかた

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。