ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SNSだけじゃもったいない! あなたの写真を「額装」でインテリアに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

携帯電話やデジタルカメラのおかげで誰もが気軽に写真を撮れるようになったが、最近はSNSでアップすることが多くなった。せっかく撮った写真なら、きちんとプリントして額縁に入れる「額装」をして、部屋に飾ってみてはいかがだろうか。そうすれば、思い出も長く大切にできるうえ、額装がインテリアのひとつにもなったりする。

そこで、額縁・額装専門店、ニュートンの鷹箸廉さんに、額縁の選び方や額装の良さなどを聞いてみた。「当店では、お客様がお持ちになった写真に合わせて提案をしています。ご希望のイメージを伺いながら額の種類、色、材質、写真がより映えるサイズなどをお伝えし、最終的にどういったものにするか決めていただきます。また、合わせて仕上げの方法もご相談に応じており、額縁と写真の間の台紙の色や材質、切り抜いたようにするのか、立体的にするのかといった見せ方もアドバイスしています」

こうしたさまざまな提案をしてもらえると、初めてでも安心してお願いできる。しかも、仕上げ方まで考えてもらえるので、写真のクオリティが上がったように見せられるかもしれない。ここで気になるのは費用だ。「A4サイズの写真をきれいに見せるなら、額縁は既製品だと3200円からです。材質や仕上げ方、既製品かオーダーメードかによっても変わりますが、だいたい1万円ぐらいのご予算だといろいろ選んでいただけますね」

丁寧にアドバイスしてくれてこの値段なら、リーズナブルといえるだろう。ところでニュートンでは額装だけでなく、飾りつけのコーディネイトもしているが、部屋によって額縁選びも変わってくるのだろうか?「飾る部屋の家具の色や壁の広さと合わせて選ぶ、という方法もあります。同系色の家具でまとめているならそれと合わせる、あるいは別の色にしてポイントにすることも可能です。また、同じ写真でも飾る場所を変えれば視点が変わり、新たな楽しみ方ができますよ」

最近は撮影したデータをそのまま取り込んで見せられる、デジタルフレームが人気だ。しかし、額装した写真は長く楽しむことができ、それを鑑賞することで心が豊かになりそう。お店の人と相談した末に仕上がったものには、愛着も感じるだろう。

大切な思い出の1枚。額装をし、「作品」「インテリア」として、より大事なものにしよう。●取材協力
ニュートン
HP:http://newton-frames.com/
元記事URL http://suumo.jp/journal/2014/09/27/69577/

【住まいに関する関連記事】模様替え感覚でリノベできる! 東京R不動産から新サービスが本格可動
何かと注目が集まる“宇宙”を感じられるインテリアグッズをご紹介
建築家・大野力氏が手掛けるインスタレーション「LINES」開催中!
ネコが喜ぶ家具とは? ネコ愛好家必見の、新しいインテリアの提案
最強の厄祓いの置物! バリ島の守り神「ラクササ」とは?

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP