ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SPARKS GO GOが10月オープンのライヴハウスにて「TOYOSU JUNCTION 2014」開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

来年に結成25周年を迎えるSPARKS GO GOが、豊洲PITにて「TOYOSU JUNCTION 2014~またまたまたまた倶知安じゃないジャン~」を開催する。

会場となる豊洲PITは、10月オープンの3,000人(スタンディング)収容のライヴハウス。「TOYOSU JUNCTION 2014」には、前回(SHINKIBA JUNCTION 2012)も出演したスパゴー郷土愛を詞にこめた テクノバンド(!?)I.M.O.(※)が出演。

さらに、この日限りのオカモトコウキ(OKAMOTO’S)、スコットマーフィー、山口美代子を軸に構成したヌパータヌ ユーユー(SPARKS GO GO COVER BAND)(※)も登場することが決定している。

様々なボーカリストが入れ替わりスパゴーの楽曲をカバー。SPARKS GO GOメンバーでもある橘あつや、たちばな哲也も参加予定とのこと。メインアクトでもあるSPARKS GO GOのステージには多彩なスペシャルゲストが参加。真心ブラザーズとの絶妙なMCも交え、真心ブラザーズの楽曲やスパゴーオリジナル楽曲もコラボする。

ABEDONとはマニア感涙のコラボバンドABEX GO GO の楽曲を交えたステージを構成。奥田民生、松浦善博とは伝説のバンドTHE BAND HAS NO NAMEの楽曲を披露する予定だ。PUFFYのゲスト参加も決定し、さらに盛りだくさんとなった内容に期待が高まる。

※I.M.O. (イモマミレオーケストラ)
八熊慎一、奥田民生、YO-KING、オカモトショウ(OKAMOTO’S)、金澤ダイスケ(フジファブリック)、桜井秀俊(仮メンバー)で構成。

※ヌパータヌ ユーユー(SPARKS GO GO COVER BAND)
Dr:山口美代子(detroit7) / G:オカモトコウキ(OKAMOTO’S) / B:スコットマーフィー(Scott&Rivers)
チャラン・ポ・ランタン / 秋葉正志(ザ・ビートモーターズ) / UCARY & THE VALENTINE / たちばな哲也 / 橘あつや / オカモトショウ(OKAMOTO’S) / 松山晃太(BYEE the ROUND)

「TOYOSU JUNCTION 2014」開催宣言 ~I.M.O.編~ 動画コメント
https://www.youtube.com/watch?v=OdKGu_xtdtQ

「TOYOSU JUNCTION 2014~またまたまたまた倶知安じゃないジャン~」
10月26日(日) 豊洲PIT
OPEN 16:00/START 17:00
<出演>
SPARKS GO GO 、I.M.O. 、ヌパータヌ ユーユー(SPARKS GO GO COVER BAND)
SPECIAL GUEST:ABEDON、奥田民生、真心ブラザーズ、PUFFY、松浦善博、他
<券種/料金>
オールスタンディング¥5,900(税込)+ドリンク代 
チケット一般発売:9月28日(日)10時~
チケットぴあ:0570-02-9999 (Pコード:240-924 ) http://t.pia.jp/
ローソンチケット:0570-084-003 (Lコード:70444 ) http://l-tike.com/
e+:http://eplus.jp/

■TOYOSU JUNCTION 2014特設サイト
http://sparksgogo.jp/toyosujunction2014/index.html

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
SPARKS GO GO オフィシャルHP
ソニー・ミュージックアーティスツの設立40周年記念イベント第1弾は氣志團・綾小路翔プロデュース!

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP