ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

評論家「山下達郎が竹内まりやというアーティストを生んだ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1978 年のデビュー以来、常に日本の音楽界のトップを走り続けてきた竹内まりや(59才)。9月10日に発売された7年ぶりのオリジナルアルバム『TRAD』が発売初週で売り上げ1位に輝くなど、その輝きは今も色褪せていない。発売したアルバムは1980 年代、1990 年代、2000 年代、そして2010 年代と4つの年代で首位を獲得し、アルバム売り上げ1位を記録した女性アーティストの最年長記録も更新した(59才6か月)。

 そんな“J-POPの女王”としての地位は、まぎれもなく公私ともにパートナーである夫・山下達郎(61才)とともに掴んだものだ。音楽評論家の富澤一誠氏は、こう解説する。

「竹内さんが30年以上も愛され続けているのは、常にファンの期待以上の音楽を提供しているからだと思います。パートナーの山下さんは、作詞作曲、アレンジ、プロデュースを全て一人でこなす音楽界屈指の才能の持ち主。

 そんな山下さんは竹内さんにとって音楽的に絶対的な存在で、1枚のアルバムを作るのに数年かかりますが、100%納得のいくものしか出さないのです。松任谷由実さんと夫・正隆さんの関係に似ていますね。

 山下さんの影響で彼女は単なるシンガーからアーティストの域に達し、夫婦でお互いのライブにゲスト参加するようにもなっている。家庭との両立もとれていて、あくせくしていない自然体の彼女は、同世代の女性の一つの理想であり憧れ。まさに夫唱婦随といえるでしょう」

※女性セブン2014年10月9日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
竹内まりや&山下達郎 桑田夫妻と握手券無しでCD売る術協議
山下達郎・竹内まりやと桑田佳祐・原由子夫妻 35年交流続く
木漏れ日の中でツンとした表情みせるYURIちゃん 未公開写真

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP