体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

朝ドラ効果!?見たことある顔なのに謎だらけの「あの人」がTwitterに降臨

エンタメ
朝ドラ効果!?見たことある顔なのに謎だらけの「あの人」がTwitterに降臨

最近では世界的に有名な人物から、ゆるキャラまで、実に数多くの人々が参加しているtwitter。そんなtwitter上に、最近新たに登場し、じわじわと注目を集めているのが、英国のW・P・ローリー卿と思しき男性だ。

W・P・ローリー卿と聞いてすぐにピンと来た人は相当なものだが、一般にはあまり馴染みのない名前であるため少々触れておくと、この人物、19世紀のイギリスに実在した貴族で、香りの嗅ぎ分けが特技という、ちょっぴり変わったおじさんなのだ。しかし、多くの人々にとっては、「ウイスキーのラベルになっている人」といったほうが伝わるだろう。

実はこのW・P・ローリー卿の肖像がtwitterアイコンとなっているのは、彼の肖像が描かれたラベルでおなじみのニッカウヰスキー株式会社の公式アカウント。どうやら、同社を創業した故・竹鶴政孝氏が、NHKの新作朝ドラ『マッサン』の主人公になることを記念してのもののようだ。

9月24日朝から「\Twitterはじめたぞい!/」とかなりポップな雰囲気で登場したこの「W・P・ローリー卿と思しき男性」、今後、どのようなツイートが飛び出すか、気になるところだ。

文・藤井一成

■参照リンク
https://twitter.com/nikka_jp Permalink | Email this | Comments

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会