ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Google Mobile Serviceの契約内容を変更して自社のブランドをより目立たせるようAndroid端末メーカーに要求か?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が Android 端末における Google Mobile Service の利用に関する端末メーカーとの契約内容を一部変更し、Google のブランド色がはっきりとするように求めていると、The Informationが伝えました。Google Mobile Serivice (GMS)とは、Google Play ストアや Google ブランドのアプリ(Gmail や Google マップなどを)のことです。通常は GMS を利用するには Google とのライセンス契約が必要になります。伝えられているところによれば、今回の変更では  Google 検索をより見やすくすることに加え、Google アプリを端末上に目立つように表示されるようにすることがメーカー側に要求されています。具体的には、 GMS を利用する場合は 20 以上の Google アプリをプリインストールする必要があり、ホーム画面上に表示される Google アプリの個数も増やさなければなりません。また、それらを見やすくすること、特に Google 検索は目立つように配置する必要があるそうです。これらの要求は特定のメーカーに適用される場合もあるとされています。Source : The Information


(juggly.cn)記事関連リンク
“HTC EYE”は1,300万画素のDuo Cameraを搭載し、10月にリリースされる予定
Android用「Vine」がv2.5にアップデート、動画のインポート機能、Undo操作、フラッシュライト機能が追加
Android用「Dropbox」がv2.4.5.6にアップデート、SDカードへの保存をサポート

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。