ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

噂の通勤マンガ家「有名になって、モテて死んでいきたい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 地下鉄東西線の通勤電車の中で漫画を描く過程をSNSでアップし続け、口コミで人気を呼んでいる“通勤マンガ家”座二郎氏。雑誌『ビッグコミックスペリオール』(小学館)のウェブサイトで2012年から連載を開始した『RAPID COMMUTER UNDERGROUND』は、通勤電車で漫画を描く男の話で、地下鉄の中にバーや水族館が出現する、夢のようなメタ構造のような不思議な魅力がある。サラリーマンとしても多忙な日々を送る彼が時間を削って執筆を続ける理由とは?

――漫画を描き始めたきっかけは?

座二郎:漫画家になりたいと思ってたわけではないんですけど、もともと絵は子供の頃から好きでしたし、大学の建築学科でよく描いていました。20代でバンドをやっていた時に、バンドは売れないしモテない。でも自分が描いたジャケットの絵は評判がよかったんです。絵ばかり褒められるから、なんとなく絵はうまいのかなと思っていて…。彼女(今の奥さん)に言われてインターネットラジオを始めました。電車の中で漫画を描いてみたっていうネタを、そのインターネットラジオでMP3と一緒に画像をアップしたらすごいウケがよくて。40ページほど描いたところで週刊モーニングの漫画新人賞に送ったら、賞をもらえたという流れです。

――サラリーマンをしながら漫画を描く理由って?

座二郎:根源的な動機は、「モテたい」です。それは僕の実存に関わることで、とにかくモテたいし有名になりたい。そもそも「モテる」が何をさしてるのかもわからないんですけど。承認欲求のひとつなのかな、と思っています。

――実際、漫画を描いてモテましたか? 女性ファンが多いんでしょうか?

座二郎:モテるようにはなりましたよ、やっぱり。男女どちらもだと思います。美大の子が多いような気がしますけどね。

――コラージュの上に漫画を描くスタイルは、他にはないですよね。

座二郎:きっかけは、現代美術作家の大竹伸朗さんなんです。賞を受賞したものの、その後何を描いていいかわからなくて低迷していた時に、大竹さんの大回顧展『全景』を観て興奮して、自分もコラージュを作ってみました。でも自分の表現としては世に出せないので、コラージュの上から漫画を描くことにしたんです。このスタイルは、たぶん他にはいないと思います。それをコツコツとウェブにあげていたら、今の編集者さんから声がかかりました。

――オールカラーというのは贅沢ですね。

座二郎:白黒漫画では競争相手が多くて勝てないので、カラーでいった方が有名になりやすいと思いましたし、白い紙に描くよりコラージュに絵を描く方が、僕しかやっていないから注目度は高まるだろうと考えました。漫画業界に飛び込んで有名になるのはすごく大変ですけど、畑の全く違う建築で習った絵の見せ方を漫画に活かす方が近道だったりするじゃないですか。よく評価してもらえる漫画の「空間的奥行き」も、建築現場で仕事をしてきた経験が活かされていると言えますし、今思うと、学生時代に建築学科で勉強したことは大きいと思います。

――以前は片道2時間の通勤時間、今は片道1時間だそうですが、ラッシュ時の電車の中で描くのは難しいのでは?

座二郎:始発で結構座れますし、立っていても描きますよ。電車の中の作業は、ネーム作り、下描き、ペン入れ、ベタ塗り。絵の具を使ったり、コラージュを作るのだけは朝家でやってきます。朝5時半に起きて、家での作業を30分ほどやっています。

――「時間を無駄にしたくない」とよく語っていますね。

座二郎:サラリーマンとして生きていく以上、残された時間はそんなにないじゃないですか。働いている時間以外は、少しでも表現活動に専念したいんです。なんとか自分の痕跡をこの世に残さなきゃいけないと。無名のまま死んでいくのはいやなんです。有名になって、モテて死んでいきたいんですよ。まあ作家として認められたいということだと思うんです。生存中にNHK『日曜美術館』とかに特集されたいとも、よく言っています(笑い)。

――フルタイムで夜遅くまで働いて漫画を描いて、ストイックですよね。

座二郎:僕にもサボりたい時はあります。電車に乗ってる時に、まとめサイトを見てる方がいいなと思う時だってあるわけです。ですけど、まとめサイトを見ているだけの20年間の通勤生活では後悔するだろうから、描き続けているんです。

――1日の終わりに製作過程をインスタグラムやツイッターでアップする、SNSを表現ツールに使うのも今様ですね。

座二郎:製作途中でも公開したり、考えていることを少しでも表に出すのは、その行為とみんなの反応を原動力にして、サボらないようにするためです。通勤時間を全て捧げることは実際できてないです。ただ、意識しているのは、眠くて寝ちゃう時もあるけど、一分でもいいから進める。少しでも絶対に何かそこに捧げる。それを途切れさせないようにしています。

――反応を作品に反映するということですか?

座二郎:人からリアクションがあると自分のモチベーションに繋がるので、それをスパイラルで回していくためには、早い段階で構想や粗いスケッチでも一回出して、反応がよかったら進めるし、さらに評価がよくなると、もっとやってやろうってなる。きれいに完成しないと出したくないという人はすごく多いですけど、そこの思考は正反対で、粗くても出します。

――粗い段階でオープンにするのは、ためらいませんか?

座二郎:自分の作品を出すことに関して、恥ずかしさのセンサーが、ぶっ壊れているような気がします。完成したきれいなものだけを見せたいとは、僕は一切思わないですから、そういう考えは全然理解できないです。よく、「私なんか絵が下手だから」という人がいるけど、下手な人の絵の方が見たいし、そんなに恥ずかしいことだとは思わないです。出せばいいのになって思うし、みんなが通勤時間を創作時間に使ったらいいのにって真剣に思っています。

【座二郎(ざじろう)】
1974年8月8日生まれ。東京都出身。早稲田大学建築学科卒業。建築会社勤務。通勤電車の中で漫画を描く、サラリーマン漫画家。『ビッグコミックスペリオール』のウェブサイトで『RAPID COMMUTER UNDERGROUND』(地下鉄の座二郎)不定期連載中。同作は第16回文化庁メディア芸術祭マンガ部門受賞。三児の父。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
SAPIO人気連載・業田良家4コマ【4/4】「移民の勧め」
SAPIO人気連載・業田良家4コマ【2/4】「移民メイド政策」
SAPIO人気連載・業田良家4コマ【3/4】「TPP後の世界」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。