ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コンビニ冷凍麺 プロが考案「台湾風まぜそば」の本格レシピ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 コンビニの「冷凍ラーメン」が猛スピードで進化を遂げている。専門店に近い風味や食感が、1人前100~200円の安さで手軽に楽しめるとラーメン通の間でも注目の的だ。では、そのコンビニ麺を使って専門店を凌ぐ本格ラーメンが作れないか──。

 本誌はラーメン激戦区として知られる東京都西早稲田で「らぁ麺やまぐち」を経営する山口裕史氏に、簡単レシピを考案してもらった。

「簡単だけれども手が込んでいるように見えて、作ってみせたら家族を驚かせることができる」(山口氏)というレシピを紹介しよう。

「今、関東のラーメン店業界でブームになっているのが『台湾風まぜそば』です。スープなしのピリ辛ラーメンですが、コンビニの冷凍つけ麺のタレを使って簡単に作ることができます」(山口氏)

 まずニラとネギをみじん切りにしておく。切り終えたところでフライパンを温め、チューブにんにくと豚ひき肉100gを入れ、中火で5分ほど炒める。

「酒、塩、コショウ、醤油で味を整えたら一味唐辛子を加える。台湾風ラーメンはピリ辛風味が最大の特徴です。一味唐辛子は思い切って大さじ2杯くらい入れましょう」(山口氏)

 レンジで加熱した麺を丼に移したらタレづくりに移る。濃縮つけダレは袋のまま湯煎で解凍したら、約半分の量を麺と混ぜ合わせていく。

「混ざりにくい場合は、大さじ1杯程度のお湯でのばしてください」(同前)

 完全に混ざったところで、麺の上にニラ、ネギ、炒めたひき肉、鰹節粉をトッピングし、真ん中に卵黄を載せる。

「濃縮つけダレを薄めずに半分だけ使うのがポイントです。全部使うと味が濃くなりすぎてしまいます。

 コンビニ冷凍ラーメンは麺の完成度が高いのでトッピングや味付けを少し工夫するだけで、かなり満足できる仕上がりになることを覚えておくといいでしょう」(山口氏)

【台湾風まぜそば(らぁ麺やまぐち・山口裕史店長考案)】

●食材
「極太つけ麺」(ファミリーマート商品)、ニラ(3分の1束)、ネギ(3分の1本)、豚ひき肉(100g)、鰹節粉、卵(1個)、一味唐辛子、酒、塩、コショウ、醤油、チューブにんにく

●調理法
1. ニラとネギを5mm程度にみじん切り。フライパンを熱し、ひき肉と小さじ1杯分のチューブにんにくを中火で炒める(約5分)。酒(大さじ1杯)、塩、コショウ、醤油(大さじ1杯)で味付けをし、一味唐辛子(大さじ2杯分)を入れる。

2. レンジで麺を加熱(7分)。同時にボウルに熱湯を注ぎ、濃縮スープを袋のまま湯煎で解凍。半分の量だけを丼に入れ、大さじ1杯分ほどの湯で溶く。

3. 温めた麺を丼に入れ、スープと麺を混ぜ合わせる。麺の上に炒めた具材と鰹節粉をトッピングし、真ん中に卵黄を載せて完成。

※週刊ポスト2014年10月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
辛党女 七味をケーキにかけて「味はイマイチでも太らない」
ぎょうざには「醤油・酢・ラー油」だけではなくポン酢もGood
インスタントラーメンをちょっとしたご馳走にするアイディア

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP