ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iPhone6に失望し今あえて5sに機種変する人が実はかなりいる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 iPhone6とiPhone6Plusに関する情報が洪水のようにあふれ続けている。今も新しいiPhoneを求める人たちで携帯ショップや家電量販店がごった返しているが実は、少なくない人たちが機種変更にiPhone5sを選んでいる。5sは今もアップルストアや各携帯キャリアのショップなどで購入できるため、店頭で6と比べたり、買ってみた人の評判などを参考に5sへ機種変更する人が続出しているのだ。

「iPhone4sを使っています。iOS8の日本語版配布が始まったので、対応していない4sはそろそろ変えるタイミングかなと思ってアップルの新iPhone発表を楽しみにしていました。でも、正直言ってiPhone6にはがっかりさせられました。iPhoneにはほかのスマートフォンにない違う何かを求めているのに、そういった新味が少ないうえに大きすぎる。

 4sの大きさは理想的でした。通話に使っても大きすぎないし、片手で操作しやすい持ちやすさも気に入っています。いまどき新製品が3.5インチのディスプレイではおさまらないことはわかっていますから、多少、大きくなることは覚悟していました。それでも使いやすい新iPhoneが出てくると思ったのに、6Plusなんて5.5インチもある。だから、機種変更するなら片手で使える限界の5sにしようと決めました」(HP制作会社勤務の40代男性)

 新iPhoneの大きさは、そろそろ機種変更しようと考えていた人たちに大きな衝撃を与えている。今年の夏モデルのAndroid端末のどれよりも大きいからだ。Xperia Z2のディスプレイは5インチで高さは13.5センチ、GALAXY S5は5.1インチに14.2センチ、フレーム(縁)がないディスプレイで評判を呼んでいるAQUOS CRYSTALは5インチで13.1センチとなっている。

 一方のiPhone6はディスプレイが4.7インチで高さは13.8センチなのでAndroid並みの大きさだが、6Plusは5.5インチに15.8センチもの巨大さだ。

 それでも、iPhoneはスペックに比べて手に持ったとき大きさを感じづらい高いデザイン性があると言われてきた。そのため、数字ではわからない使いやすさがきっとあるはずだと期待していたユーザーも多い。しかし、そういったユーザーたちも店頭に展示されているiPhon6を手に取ってみて、その大きさに驚かされている。飛びついてさっそく買ったものの、6Plusに至ってはiPad miniと変わらないと嘆く声も聞こえる。

 あるショップでは、あえてiPhone5sの機種変更価格をtwitterなどでアナウンスし続けたところ予想以上の反応が返ってきた。店頭で実際に6と見比べ、5sへの機種変更を決意するユーザーも思いのほか多い。iOSを8にすればクラウドや文字入力など強化された機能を利用できるため5sで十分だというのだ。これまで新iPhone発売時に旧製品を選ぶ人は例外的な印象だったが、iPhone6発売で前モデルを選ぶ現象が初めて目立っている。

「iPhone6を触ってみたい人は多いんですね。大きめの家電量販店なら携帯各社ごとに展示があるから、どこかで触れるだろうと思って行ったのですが、どこも混雑していました。大きいことは覚悟して行ったんですけど、予想以上に大きくてびっくりしました。6Plusのほうが予約が多いと言われていますが、現物を見て、これはないなぁと思いました。友人が使っているXperiaの大きさでも片手で安定して持てないのに6Plusじゃあ無理です。

 もうすぐ買って2年になるiPhone5を機種変更しようと思っていたけど、考えちゃいますね。電話番号をガラケーに機種変して5sのフリーSIM版を買おうかなぁ」(広告代理店勤務の30代女性)

 携帯しやすい正真正銘のスマートフォンがiPhoneだったのにと嘆く声は多い。5sのスリムさは胸ポケットやジーンズの尻ポケットに入れられる限界の大きさだと言われていた。6も尻ポケットに入らないことはないが、ディスプレイが曲がってしまったという報告に6への不安が広がっている。また、6の大きさと重さでは、自転車に乗るときやランニングのお供にはならないとも評されている。

 片手で画面をスワイプしづらいと指摘されているiPhone6Plusだが、片手でもディスプレイ上部を操作できるように、ホームボタンを2回タッチすると画面全体が下へ移動する機能が加わった。これで片手問題は解決できるということらしいが、以前のアップルなら、こんな格好悪い解決方法はとらなかったのではないかとも言われている。

「手のひらから小指の間におさまらない高さのスマホは片手で操作しづらいです。理想は4インチ以下なので5sが限界の大きさです。iPhone6と6Plusは大きさだけでなく、本体背面のカメラが飛び出ているのも気になります。レンズ性能を向上させるためだったのでしょうが、機能のために見た目や使いやすさを捨てるなんてiPhoneの在り方じゃない。新機能を使うために不便さや格好悪さを気にしないなら、最初からiPhoneは使ってないですよ。

 6と6Plusが新発売になるからと5sの価格が下がりましたが、実際に使っている人たちの間で5sの需要が高くなると中古価格はこれから上がるかもしれません。iPhoneの機種変更を考えているのなら、まだ新品の在庫があって価格が手ごろな今のうちにiOS8が使える5sへ変更するほうが得策だと思いますよ。少し時間が経つと新品は6しか選択肢がなくなり、5sの中古価格も上がりますから」(システム管理部門で働く40代男性)

 昨年、人気を集めた春モデルのXperiaが夏には生産終了したため、中古価格がその年の夏モデル新製品と変わらぬ値段に上昇したことがある。現在、iPhone5sの製造終了はアナウンスされていないが、アップルは新モデルを発売すると早々に前モデルの製造・販売を終了するパターンが多いため、遠からず新品は買えなくなると予想されている。最新iOSに対応できるもっとも「使いやすい」iPhoneとして、iPhons5sも数か月後には中古価格が上昇しているかもしれない。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ドコモ「機種変更・2年契約優遇」 強気の戦略は吉か凶か
Softbank iPhone4S乗り換えで基本料最大2年無料の理由
各キャリアのiPhone 差が出るのは特典やアフターサービスか

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP