ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

作家・奥田英朗の「お遍路」の楽しみ まずは讃岐うどんから

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年は開創1200年となる「四国遍路」。11月に新著『ナオミとカナコ』(幻冬舎)が発売される作家の奥田英朗さんも、お遍路を楽しむ一人だ。お遍路には決まったルールがあり、常に厳粛な気持ちでいなくてはいけないのか――決してそうではないのが奥田さん流の楽しみ方だ。

 2008年11月末、奥田さんは香川県へと2泊3日の旅に出る。まず向かった先は「讃岐うどん」のお店。それからお遍路装備一式を購入し、75番札所の善通寺へ。閏年のその年、縁起のいい逆打ちで74番、73番…と66番札所の雲辺寺まで遡っていく。

 大変なところは無理をせず、観光タクシーに乗る脱力ぶり。夜は温泉とビール。「うっしっし。スタンプラリーは楽しい」とうそぶきつつも巡礼する人々に敬意を払い、とにもかくにもうどんを食す。

「私のやったお遍路は、たった2日間だったし、観光ガイド・タクシーを利用してるし、とても『振り返ってどんな旅だったか』というようなものではありませんが、お遍路を経験してよかった。行くと楽しいと思いますよ」(奥田さん)。

※女性セブン2014年10月9日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
四国お遍路 各県の基本と難所・見所を専門家がレクチャー
讃岐うどんブームの火付け役「るみばあちゃん」売りまくる
開創1200年の「お遍路」 宗派は関係なく巡る順にルールなし

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP