ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小室哲哉と坂本美雨、奇跡の“TKソング”たちをライヴ披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

9月24日(水)、小室哲哉 featuring 坂本美雨によるプレミアムなライヴが行われた。

会場となった六本木ミッドタウン内にあるライヴスペース『Billboard Live TOKYO』には、2回公演で全国よりたくさんのファンが集まった。ライヴテーマは、ずばり「坂本美雨“TKソング”を大いに歌う」。7歳の頃から小室のファンだった美雨は、キーボードプレイヤーとして接点のあった父親、坂本龍一を通じて小室と交流を深め、2011年に自身のアルバム作品『HATSUKOI』に収録された「True Voice」で小室に作曲を依頼。そして1991年にリリースされた、ミュージカル『マドモアゼル・モーツァルト』主題歌である、小室ソロ楽曲「永遠と名づけてデイドリーム」をカバーされたことも話題となった。

ライヴは、小室とアコースティックギターを抱えた松尾和博がステージに登場し、globe「DEPARTURES」(1996年)のピアノソロを奏で、途中から美雨が参加し「Can’t Stop Fallin’ in Love」(1996年)を歌いだした。続いて、渡辺美里に提供した名曲「悲しいね」(1987年)を披露。さらに、宮沢りえのシングルカップリング曲というマニアックながらも、ファンの間では評判の高い「My Kick Heart」(1993年)が選曲されていく。美雨が、アコースティックなサウンドにのせて歌うことで、TKソングのメロディのたおやかさ、美しさとせつなさがより浮き彫りとなり、心にすっとサウンドが入ってくる。

そして、大人な雰囲気な会場に鳴り響いたイントロは華原朋美の「LOVE BRACE」(1996年)。美雨が歌うと、よりせつなさでいっぱいの壮大なメロディーが浮き彫りに。打ち込みのイメージの強い“TKソング”の、アンプラグドな可能性を広げてくれる絶妙なるセレクトだ。

美雨は小室へのリスペクトを込めてファンへ向けて「全曲知ってるでしょ? みんなの心の歌が、叫びが聴こえるから(苦笑)。小室さんのことはTM NETWORKやソロのプロデュースワークはもちろん、小さな頃から大好きで。(わたしは)10歳からニューヨークに行ってたんですけど、ネットが無い時代でしたけど、(日本の本が高い)紀伊國屋とかで『PATiPATi』や『WHAT’s IN?』を買って、がんばって情報収集して(TM NETWORKの)ファンをやってました」と語っていた。

小室は「ぼくの曲はキーが高いんですけど、美雨ちゃんはなんなく声がでるから」と評価したことについては、美雨は謙遜しながらも「小室さんがプロデュースしてきた女性アーティストの方々は声が独特で。(第一声で)すぐに誰かわかるんですよね」と、的確な分析をされていた。

後半は、小室と美雨が、2013年にテレビ番組『芸能人最強アカペラ王者決定戦 ハモネプ★スターリーグ』にチームを組んで出演した際、決勝に進出したら披露しようとしていた、小室があらたに日本語詞を手掛けたベッド・ミドラーの名曲「ローズ」(1979年)を熱唱。続いて、小室ソロ曲であり、作詞は脚本家坂元裕二が書かれた「永遠と名づけてデイドリーム」(1991年)へと続いていく。

MCで小室は「教授の娘さんが(苦笑)。どうもぼくの音楽を気に入ってくれてるらしいよと噂で聞いて、最初は恐縮してたよね……。教授も複雑だったろうね(苦笑)。でも、娘さんが好きだったら『しょうがないな~』って感じですよね(苦笑)。その後は、(教授とのやりとりが)やりやすくなりました。美雨ちゃんに御礼言わないとね(笑)」とユーモアたっぷりに語られている。

坂本龍一に関する話をMCで挟みながら、坂本龍一プロデュースによる坂本美雨の楽曲「in aquascape」(1999年)をプレイ。小室はこの楽曲を「音楽的に素晴らしい曲。ピアノのコードを弾かなくても、指1本と歌だけで和音が、音楽が成り立つ」と音楽理論的に評価していた。

この曲のラストで、美雨とギターの松尾がステージから去り、小室による流麗な指さばきによるピアノソロへ。そして「もう1曲歌ってもらいましょう」と、二人を呼び入れ、TM NETWORKの代表曲「SEVEN DAYS WAR」(1988年)を奏で、観客を巻き込み大団円へ。

小室哲哉の理解者でありファンである、アーティスト坂本美雨による“小室哲哉曲における評論”とでもいうべき、 “TKソング”が時代をこえていくタイムレスな魅力浮き彫りにした一夜だった。なお、10月4日(土)には、大阪の『Billboard Live OSAKA』でも2公演開催されるので、ぜひこの奇跡の共演を見逃さないで欲しい。

■TM NETWORK オフィシャルHP
http://avex.jp/tm/
■小室哲哉 オフィシャルHP
http://avex.jp/tk/
■坂本美雨 オフィシャルHP
http://www.miuskmt.com/

DVD/Blu-ray『TM NETWORK 30th 1984~ the beginning of the end』
2014年9月24日発売
【Blu-ray】
AVXD-92125/¥10,800(税込)
※初回生産限定盤
【Blu-ray】
AVXD-92126/¥8,100(税込)
【DVD】
AVBD-92127/¥7,020(税込)

<収録内容>
01. Retrace (Opening)
02. LOUD
03. Scene 1
04. Come on Let’s Dance 2014
05. Kiss You
06. Scene 2
07. 永遠のパスポート 2014
08. 金曜日のライオン 2014
09. Scene 3
10. RAINBOW RAINBOW 2014
11. Be Together 2014
12. CUBE
13. Scene 4
14. I am 2013
15. Just One Victory 2014
16. TK Solo
17. Get Wild 2014
18. Scene 5
19. Self Control 2014
20. Scene 6
21. BEYOND THE TIME
22. Scene 7
23. Ending
■Special
・ACCIDENT 2014
・Tetsuya Komuro Movie Commentary (Part 2)※【Blu-ray】AVXD-92125(初回生産限定盤)にのみ収録

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
SALUの最新アルバム『COMEDY』をKREVA、PES (from RIP SLYME)、SKY-HIらが解析
小室哲哉、ソロアルバムにて玉置浩二と初コラボ!

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP