ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハワイライブ成功の大野智 嵐メンバーはかけがえのない存在

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 9月19、20日に『ARASHI BLAST in Hawaii』と題し、15周年記念コンサートをハワイで成功させた嵐。今でこそ国民的アイドルとなった嵐だが、デビュー当時は嵐メンバーすらも「こんな今」があることは想像できなかったようだ。

 これまで、「デビュー当時、実は嵐を辞めたいと思っていた」と語ってきた嵐のリーダー大野智(33才)もその一人だろう。今となってはデビュー当時の葛藤を笑って話せるほど、嵐への思い入れは強い。10周年記念コンサート後の打ち上げで相葉雅紀(31才)と「嵐でよかったね」とホテルの部屋で号泣したという事件はファンの中でも有名だ。

 そんなリーダー・大野が振り返る嵐の15年間と、これからの嵐に込める思いを聞いた。

 * * *
 デビュー当時は毎日が不安だったよ、経験も実力もないぼくらが、常に新しいことに挑戦している感じで。不安だったけど、初めて『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演したとき、楽屋に戻って携帯を見たら同級生や親戚からいっぱいメールがきていて、「みんな見てるんだ」って思ったら責任持たなきゃって思った。

 今じゃ一通も来ないけどね(笑い)。

 10周年を迎えたあたりからずっと地に足が着いていない感じなの。俺は俺。デビューの時から何も変わってないんだよね。変わったのは周りだけ、それはメンバーも同じだと思う。メンバーとの関係もずっと変わらないと思う。どんな存在かって聞かれても、例えようがないけど、かけがえのない人たちだよ。

※女性セブン2014年10月9日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
SMAPファン デビューCD3枚買ったのがバレ親に怒られた
桑田佳祐ものまねタレント 本人の目の前で歌披露した過去
30万枚大ヒット『涙の太陽』安西マリア デビュー当時は睡眠2時間

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP