ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

宅配便 配達状況を最も把握してる人と遅配発生する理由とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 食品や生活用品などの受け渡しで、日常的に利用されている宅配便。2012年度の配達便取扱個数は、35億2600万個(国土交通省調べ)で、5年前と比べて9.1%増。これは毎日約970万個もの荷物が全国を飛び交っている計算となる。そして、そこにはトラブルが多発するわけだが、特に多いのが遅配だ。39才の主婦は怒りをぶつける。

「指定の時間から2時間過ぎても荷物が来ず、電話すると、“配達中です”と。さらに1時間経っても来ないのでまた連絡をすると、“明日配送します”と言われてあ然! そのうち、今度は“実は積み忘れた”と言いだした。子供の誕生日プレゼントのため、どうしても今日中に必要で、営業所に取りに行くと言ったら、実は紛失していた。嘘をつくなんて、最低!」

 こうした遅配がなぜ起こるのか、自らも宅配業に27年間従事した経験がある、宅配専門家である岡田知也さんが説明する。

「大前提として、時間指定を外れることは、あってはならないこと。ですが、荷物が定量ではないことや、道の交通事情で、意図せずしてずれ込むことがあるのは事実です」

 その場合、荷物がどこにあるかといった状況確認は、配達先のエリアを担当する配送ドライバーが最も正確に把握していると岡田さん。

「ヤマト運輸の場合は、公式ホームページで配送ドライバーの携帯まで検索できるシステムもあります」(岡田さん)

 エリア担当制になっている配送ドライバーは、利用者の住んでいる地域で固定される。相性が悪かったり、態度が悪い配送ドライバーが担当となると、イライラが募ることに。40代の会社員はこう話す。

「うちのマンションは、宅配ボックスから発送もできる。それには必要な専用の送り状を使うことになるのですが、何度、宅配業者に頼んでも持ってこないんです。数か月に1度は連絡をし続けて、ついに2年半! たまりかねて、マンションの管理会社経由でクレームをいれると、ようやく郵便受けの前に黙って束にして置いていった。腹立つわ~」

※女性セブン2014年10月9日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
クロネコ 被災地での自主的な救援物資配送も「業務」と認定
宅配便配達員が証言「amazonで本買う人は不在のことが多い」
宅配マンが敬遠する荷物は水 大量に運ぶと憂鬱な気分になる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP