ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NHKに対する政治支配問題や籾井会長の失言等に警鐘鳴らす本

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『NHKと政治支配 ジャーナリズムは誰のものか』飯室勝彦/現代書館/1700円+税

 NHKの籾井会長の失言にはじまり、NHKに対する政治支配問題などを東京新聞の元解説委員が問う。〈営利を目的とせず、国家権力からはもちろん、あらゆる勢力から独立し(中略)国民の「知る権利」に応え、民主主義を支え、公共の福祉のために電波を使う〉のが本来のNHKであると言う著者。ほかに、メディアの報道姿勢、取材源秘匿問題などを取り上げながら、現在日本のジャーナリズムは岐路に立たされていると警鐘を鳴らす。

※週刊ポスト2014年10月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
TVタレントから政治家への転身 外国人には実に奇妙との声
安倍首相 ナショナリズム「健全」「偏狭」分けて考えるべき
草食系若者世代が日本の将来救う可能性あると『下流社会』著者

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。