ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ギャラリー、スタジオ…AirBnBのクリエイティブスペース版「PeerSpace」

DATE:
  • ガジェット通信を≫
PeerSpace

個人の家や部屋を貸し借りできる「AirBnB」が人気だ。ホテルなどと比べ比較的安く、そしてユニークな部屋を借りることができる。検索がウェブやアプリで手軽にできるのも人気の理由の一つだろう。

そんなAirBnBのビジネススペース版ともいえるのが、カルフォルニア拠点のスタートアップが展開する「PeerSpace」。ギャラリーやダンススタジオ、キッチンスタジオなど、主にクリエイティブなスペースの貸し借りができるというものだ。

■物件の利用可能日や料金を公開

カルフォルニアのベイエリアで5カ月前に開始し、今や利用者は毎月4割増しと、右肩上がりの成長を見せている。今年中に他の都市でもサービスを開始する見込みだ。

スペースの所有者は、貸し出し可能な日や時間、料金などを物件の写真とともにプラットホームで公開する。どんな備品があるのか、建物にエレベーターは付いているのか、Wi-Fiが使えるのかなどPR点も明記する。

借り手は、そうした情報を自由に閲覧できる。キッチンスタジオで料理のデモンストレーションをしたい、ギャラリーで個展を開きたい、メンバーを集めてダンススタジオで稽古をしたい―。ニーズに合わせて条件を入れこんでブラウズし、コレというものを見つけたら予約もできる。

■貸し手、借り手双方にメリット

つまり、PeerSpaceはクリエイティブなスペースのマッチングを行うサービス。貸し出す側は空いている時間にスペースを効率的に使うことでちょっとした収入を得られる。

借りる側にしても、リーズナブルな価格で場所を確保できるというメリットがある。スマートフォンなどで検索・予約できるのも便利だろう。

日本においては貸し会議室サービスなどはあるが、こうしたクリエイティブなスペースに限定したウェブ・アプリによるサービスはまだないのではないだろうか。AirBnB同様、需要を掘り起こせるかもしれない。

PeerSpace

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。