ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

各地で廃線相次ぐ「路線バス」 乗客減少と運転手不足どう乗り切る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

いま、多くの路線バスが赤字で危機を迎えている。乗客数の減少で売り上げが伸びず、運転手不足も深刻で年間1000キロ近い路線が廃線になっているという。そんな中、公共交通機関としての責務を守るために奮闘するバス会社もある。

2014年9月2日放送の「ガイアの夜明け」(テレビ東京)は、地道な努力で赤字路線の乗客を増やしたバス会社や、「高卒新卒採用」で運転手を育成して人材獲得を始めたバス会社を取材していた。
赤字の原因は「時間通りに来ない」ことだった!

埼玉県川越市の「イーグルバス」は、レトロな外観のボンネットバスで大人気だ。歴史的名所の多い川越の街で、運転手が観光案内をしながらバス路線を走らせている。

童謡「とおりゃんせ」発祥の地、川越城本丸跡地に差し掛かると運転手が歌を歌うサービスまで行っていたが、観光バスを兼ねられるような路線は限られている。

2005年、イーグルバスは廃線となった西武バス路線を引き継ぐことになる。社長の谷島賢さん(60)は、赤字路線を引き受けた理由をこう語る。

「隣の町で、交通空白地帯になってしまうという恐れがあったので、ビジネス面はさて置き、引き受けることにした」

谷島さんは赤字の理由を探るべく何度もバスに乗り、「地域的に利用者がいないのか、ニーズに合っていないのか」を調査。利用者にアンケートをとり、バスにモニターをつけるなど地道なリサーチの結果、「時間通りに来ない」ことがバス敬遠の最大の理由と判明した。

そこで会社は、ダイヤ改正を実施。1つひとつ数分の遅れさえあぶり出し、無理のない時間に組み直すなど遅延のない運行を実現した。団地の客には、きつい登り坂を登らずに済むよう団地前まで送り届けるサービスまで行っている。

コスト面より客の利便性を重視した改革で、利用者は以前に比べ25%上昇した。赤字が解消したわけではないが、今後も改革を行っていくという。
大型二種免許の取得者は40年で10分の1に

多くの乗客が利用するバスでも、運転手不足が深刻な問題だ。20代の若者で大型二種免許を取得している人は、40年前には9万5000人いたが、2013年では1万人まで減少した。

当然、全国的に運転手の奪い合いが起きており、「川崎鶴見臨港バス」経営管理部の高野沢さんは、運転手の厳しい人材不足についてこう話した。

「残業とか休日出勤をして対応しているのが現状です。(求人で)50~60人くらいは補充したいと思っている」

静岡県中部の「しずてつジャストライン」は、定年退職した運転手を嘱託で雇い、恒常的に足りないシフトの穴埋めをなんとかこなしているが、さらに高卒者を対象とした「養成バス運転士」という制度を設けた。

これは、入社後の数年は整備や事務などを担当させた後、大型二種の免許取得を会社がバックアップ、独自の運転指導も行い、運転手を育成するというもの。コストや時間は掛かるものの、毎年確実に運転手を増やせる見込みができる。

この制度を利用して運転士になった小柳巧巳さん(22)は「僕はバスがたまたま好きだったので、バスで地域貢献できればと」と語り、好きな仕事に就いて社会貢献できる誇りを感じているようだった。
運転手には重責に見合った適正な待遇を

地元の若者を育てることで人材確保するというこの制度は、実際に数年前から2~3人の運転手を生み出すことに成功している。今後は養成バス運転士の採用を、年間20人に拡大していく予定だ。

環境面からも求められる路線バスは、高齢化社会の移動手段として今後も重要になってくるだろう。安全を守りながら接客サービスも行うバスの運転手は、高度な技術を要する専門職だと感じた。人手不足できつい勤務状況になれば、安全が脅かされるのだから、その重責に見合った適正な待遇で働ける職業であってほしい。(ライター:okei)

最新記事は@kigyo_insiderをフォロー/
キャリコネ編集部Facebookに「いいね!」をお願いします

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP