ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米ビルボード発表 定額制音楽ストリーミング・サービス会社ベスト8

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米ビルボード発表 定額制音楽ストリーミング・サービス会社ベスト8

音楽業界誌ビルボードが、定額制音楽ストリーミング・サービスを展開する会社ベスト8を発表した。インターネット・ラジオとは異なり、好きな時に好きな曲が聴ける。有料会員数や国力を勘案したという。面白い。

Musicman オススメBlog【高橋裕二の洋楽天国】

1位は会員数1000万人のスポティファイ。2006年にスウェーデンで創業した。アメリカでは2011年からサービスを始めた。日本でもスポティファイ・ジャパンが出来た。ソニー・コンピュータエンタテインメント時代の後輩、野本晶君がライセンス関係の窓口を担当している。いつサービスが開始されるかは明らかになっていない。

2位のディーザーは2007年フランスで始まった。ヨーロッパをはじめサービスを行っている国数は多い。3位のラプソディーは2007年にリアルネットワークス社とMTVが合弁で始めた。現在は独立している。4位のRdioは無料音声通信スカイプの創業者ニクラス・ゼンストロームが2010年に始めた。5位にソニーのミュージック・アンリミテッドが入った。6位はグーグル。7位のWiMPはノルウエーで創業された。会員数はK(千)なので58万人だ。8位のsimfyも2010年、ドイツから始まった。

定額制音楽ストリーミング・サービスを行う会社は原則、毎月有料会員からお金を集める(広告が入る無料会員もいる)。スポティファイの場合1月9.99ドルだ。集めたお金から自分達の取り分を引いて、レコード会社やアーティストや音楽出版社(作詞作曲家)に支払う。ちなみに日本では他国に比べ原盤会社が多すぎて、まとめるのは大変だ。定額制音楽ストリーミング・サービスが始まるのには時間がかかる。日本のiTunesストアーがそうだったように。

記事提供元:Musicman オススメBlog【高橋裕二の洋楽天国】

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。