体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

川北真理 コンシューマ営業本部 コンシューマ営業企画部

デジタル・IT

富士山のLTE化を知ってもらうため、山頂でキャンディをプレゼント

いつでもどこでも快適につながるネットワークの構築を追求しているKDDIは、日常的に利用するエリアだけではなく、人が大勢集まるコンサートや花火大会などのイベント会場では、車載型や臨時の基地局を設営して通信回線の混雑を緩和している。また、この夏には、山開きに合わせて富士山の登山道・山頂のLTEエリア対策を行いスマートフォンが昨年よりも快適に使える環境を整えた。

そして、今年の富士山頂のLTEエリア化をさらに多くの人に知ってもらうのに一役買ったのが、auスマートパスのクーポンを見せると、富士山頂でauオリジナルキャンディをゲットできるキャンペーン。富士山頂にある4軒の山小屋の協力を得て、各山小屋で200袋ずつ、計800袋をプレゼントした。

キャンペーンの発案者は、コンシューマ営業本部 コンシューマ営業企画部の川北真理さん。「『auは富士山でも快適に使えます』とそのまま伝えてもなかなか関心を持ってもらえないのです…」と川北さん。どこでもつながって当たり前の昨今、富士山の山頂でもauは快適に使える、ということを多くのお客さまに知っていただくため、川北さんは頭をひねった。そして思いついたのが、富士山頂でのauスマートパスクーポンの利用。このかつてなかった企画実現のため、川北さんは山小屋オーナーたちの元へと交渉に出向いた。

「山小屋のオーナーの方にクーポンを見せたら何かを割り引くとか、あげるといった対応ができないか相談させて頂いたところ、『シーズン中の山小屋はとても忙しいから、クーポンを見せてくれたら何かあげるような、簡単なことならできる』とおっしゃって頂き、じゃぁ簡単にあげられるものって何だろうという話になりました」

オーナーさんたちとの会話で、山頂ではお菓子を売っていないことが判明した。富士山は下山もかなり大変なので飴ならエネルギー補給になるはず。そこで「飴を配ろう!」と話がまとまり、帰りの電車では、同行していた先輩と、どんな飴がいいかで話が盛り上がった。その中で浮かんだのが、金太郎飴。そして、出来上がったのがバルセロナ生まれのキャンディショップ「papabubble」とのコラボレーションしたauと富士山をモチーフにした4種類のオリジナル金太郎飴だ。

川北真理 コンシューマ営業本部 コンシューマ営業企画部
川北真理 コンシューマ営業本部 コンシューマ営業企画部
富士山頂にある4軒の山小屋で配布。バルセロナ生まれのキャンディショップ「papabubble」とのコラボレーションで作ったauオリジナルキャンディ

ところが、いざ山頂にオリジナルキャンディを荷上げするときになって初めて、川北さんは、山頂の気圧の低さをすっかり忘れていたことに気がついた。「飴の袋が気圧の変化で破裂するのではないかと、山頂に届いたと連絡が来るまでものすごく不安でした。ブルドーザーで運ばれた飴が富士山頂に無事に届いたと連絡が入った時はとても安心しました」。

1 2 3 4次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会