体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

かわいいジェルネイルを自宅で簡単にできる方法

ネイルサロンでのジェルネイルの施術料金は5千円~1万円程度。常にきれいなネイルをつけておきたいけど、毎月の出費を考えるとちょっと……。そういう人は、自宅でジェルネイルに挑戦してみよう! 今回は「安い」「簡単」「かわいい」の三拍子がそろった、とっておきの方法を紹介する。

トライアルで始める場合は小さいポリッシュ型のボトルを選ぼう。収納スペースも少なくて済む

トライアルで始める場合は小さいポリッシュ型のボトルを選ぼう。収納スペースも少なくて済む準備するもの

・プライマー…ジェルを塗る前に爪に塗り、密着度を高める
・ベースコート(LED対応)…最初に塗るクリアジェル
・カラージェル(LED対応)…今回は「ピンク」「ホワイト」の2色を用意
・トップコート (LED対応)…最後に塗るクリアジェル。「ノンワイプ」や「拭き取り不要」と書かれたものを選ぶと、初心者でも使いやすい
・ネイルファイル…爪の表面に細かい傷をつける
・オレンジスティック…甘皮の処理に使う
・ペン型のジェルネイル用LEDライト…ジェルを固める。目玉クリップを使って固定すると片手が空いて楽チンだ

LEDライトは、ジェルがかたまるスピードが早くて扱いやすい

LEDライトは、ジェルがかたまるスピードが早くて扱いやすい

プライマー、ベースコート、カラージェル、トップコート、ペン型ライトは価格破壊が進んでいて、ネットで人気の安価な良品は、500円~1000円くらいで手に入れることができる。カラージェルを2つ購入しても材料費は3000円~6000円程度なので、サロンでジェルネイルを一回行う金額で必要なものがすべてそろってしまう。爪のプレパレーション

1)ネイルの形を整えて、オレンジスティックで甘皮(爪の根本にある薄い皮)を押し上げる。甘皮部分が目立つようであれば、爪切りやニッパーで取り除く
2)ネイルファイルで爪の表面に軽く傷をつけていく。すると、ダスト(削りかす)が出てくるので、手を洗い、きれいに取り除こうジェルネイルの手順

1)爪にプライマーを塗り、油分と水分を取り除く
2)次にベースジェルを塗り、ペン型のLEDライトに30~60秒ほどあてる
3)カラージェルを2~3度塗り、ペン型のLEDライトにあてる。ここでも30~60秒ほどあて続けよう
4)トップコートを塗り、ペン型のLEDライトに60秒ほどあてる。表面がヌルヌルしなくなったら、終了だ
※ジェルとLEDライトがキット販売されているものは心配ないが、LEDライトとジェルが違うメーカーの場合、ものによっては固まらないことがあるので、注意が必要だ

ポリッシュ型のジェルは、マニキュア感覚で塗ることができ、不器用な人の救世主
1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会