ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

BUMP OF CHICKEN×羽海野チカ「3月のライオン」、お互いが描き下ろしのコラボ決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

BUMP OF CHICKENと羽海野チカ「3月のライオン」がコラボレーションしたプロジェクト「3月のライオン meets BUMP OF CHICKEN」がスタート。11月28日に、マンガ「3月のライオン」10巻とBUMP OF CHICKEN新曲「ファイター」が同時発売される。

プロジェクト名は「3月のライオン meets BUMP OF CHICKEN」。羽海野チカがBUMP OF CHICKENの楽曲の熱烈なファンだったこと、そしてBUMP OF CHICKEN のメンバーが「3月のライオン」を熟読する読者だったことから、このプロジェクトはスタートした。

お互いの作品へのリスペクトを余すことなく表現するために、「連載中のマンガ作品にテーマソングを書き下ろす」という前代未聞の形で、それぞれが作り出せる最上級のクリエイティブを生み出すべく、羽海野チカとBUMP OF CHICKENは現在進行形で制作に取り組んでいる。

また発売形態もこれまでにない形式を採用。白泉社が刊行する「3月のライオン」10巻特装版に、BUMP OF CHICKENがこの企画のために書き下ろした新曲「ファイター」のCDが付属。そしてトイズファクトリーが配信限定シングルとして発売するBUMP OF CHICKEN「ファイター」に、羽海野チカがこの企画のために描き下ろした「3月のライオン」スピンオフが電子書籍で読めるシリアルコードが付属する。

果たしてどのようなストーリーが、楽曲が紡がれるのか。リリースを楽しみだ。

羽海野チカコメント
まんが家は 物語を紙にのせて
音楽家は 物語を歌にのせる

遠い所で、同じように旅をしている人たちがいるのだと
BUMP さんの歌を聴くたびに感じていました

今回このような機会をいただけたこと
本当に光栄でとても幸せです
精一杯、物語を描かせていただきます。

BUMP OF CHICKEN コメント
3月のライオンをメンバー一同いつも楽しく読ませて頂いています。
たくさんの魅力的なキャラクター達の生き様に、大きな感動をいっぱいもらっています。
今回このような話を頂きとても光栄に思います。
全力で取り組ませて頂きます。

一度でいいから川本家の食卓にお邪魔してみたいです。

©羽海野チカ / 白泉社(ヤングアニマル)

BUMP OF CHICKEN と「3月のライオン」のコラボレーションが奇跡的である理由

 BUMP OF CHICKEN と羽海野チカのコミック「3月のライオン」がコラボレーションをするという話を初めて聞いたとき、鳥肌が立った。

 音楽とコミックのコラボレーション――よくあることのように一瞬、思えるかもしれないが、普通はその間にはテレビアニメとかドラマとか映画といったものが挟まらなければ成立しない。しかし、今回のコラボレーションにそれはない。にもかかわらず実現に至った。いや、むしろこの両者のコラボレーションに何かが挟まっていてはいけなくて、ダイレクトでなければならなかった。BUMP OF CHICKEN の音楽が伝えてきたことと、「3月のライオン」が伝えてきたことの間には、あまりにも特別な、奇跡的とも言えるような共通点があるからである。

 「3月のライオン」の主人公は、幼い頃に事故で父と母と小さな妹を失い、心に傷を負ったまま将棋のプロ棋士となり、孤独な生活を送っていた少年・桐山零。2007年に「ヤングアニマル」で連載がスタートして以来、この作品を読みながら、個人的に僕は、自然と心の中でBUMP OF CHICKENの音楽が鳴るのを感じていた。たとえば生きている意味を見失ったまま生きることに導かれる零の姿に“ハルジオン”を、戦う棋士の性としてまわりのモノを喰いちぎってでも生きる道へと手が伸びてしまう零の姿に“ギルド”を、引き取られた幸田家のなかに存在しているだけで義理の姉弟たちの命を押しのけてしまうことに気付き家を出た零の姿に“カルマ”を、僕は重ね合わせながら読んだのである。そして川本家の3姉妹や「放課後将棋科学部」の人々などとの交流のなかで生きる意味や喜びを取り戻していく零の姿と、消えない悲しみや痛みがあるからこそ“HAPPY”や“ray”といった強く明るい楽曲を生みだしてしていく近年のBUMP OF CHICKENの姿は、もはや自分の中でもどちらが先かわからない形で重ね合わさっている。

 もちろんこれらのBUMP OF CHICKENの楽曲と「3月のライオン」の物語は、勝手に僕が重ね合わせているだけで、直接的に影響を及ぼし合っているわけではない。しかし偶然に共通点を持っているわけでもない。お互いがお互いのファンであることは確かだが、そんな単純なことでもない。敢えて言葉にするなら、「生きること」に同じ真剣さで向き合って表現活動をしている両者が、必然的にシンクロしているということである。

 BUMP OF CHICKENと「3月のライオン」がコラボレーションする――それはふたつの、別個でありながら同時代を同感覚で生きる物語が奇跡的に交錯する瞬間である。そこにどんな楽曲が生まれ、どんな漫画が生まれるのか。その誕生の瞬間が、それぞれのファンとして待ち遠しくてたまらない。

(ロッキング・オン/ CUT 編集部 古河晋)

関連リンク

BUMP OF CHICKEN OFFICIAL SPECIAL SITE:http://bump.mu/
BUMP OF CHICKEN オフィシャルサイトhttp://www.bumpofchicken.com
BUMP OF CHICKEN オフィシャルスペシャルサイトhttp://bump.mu/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP