ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

家事ハラ被害の男性 資料1枚作れないくせにと妻にダメ出し

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 家事を手伝う夫に妻が必要以上に厳しくダメ出しをする「家事ハラ」という言葉が話題だ。『週刊ポスト』では30~70代既婚男性へのアンケートで約8割が「担当する家事」があり、そのうち7割が妻から「家事ハラ」を受けていると回答があった。ところが、この結果へ妻たちから激しい反発が起き、反論では、「手伝ってやってるという態度が許しがたい」「適当な気持ちだから家事ができるようにならない」という意見が多かった。

 それに対して「こっちの仕事を手伝ったことはあるのか」と憤るのは59歳のAさん(会社員)だ。

「なにかにつけて『こんな簡単な家事もできないの?』と吐き捨てる妻。ゴミ捨てをすれば『それで手伝ってるつもり?』と。風呂掃除をすると『タイルの目地をこすらなくては意味ないのに』と言って、僕の目の前で歯ブラシで目地をこすってみせる。

 妻は専業主婦で私は仕事一筋でやってきた。それでも来年退職だから、これからは妻と協力し合おうという気もある。それなのに妻のこの態度。完全な家事ハラでしょう。

 手伝いというなら、妻が私の仕事を手伝ったことが一度でもあるのか? 資料1枚作れないくせに……。それでいて私に感謝の態度を示しているのか、はなはだ疑問です。妻と家で過ごすのは苦痛なので、退職後も外にアルバイトに出た方がいいと思っています」

※週刊ポスト2014年10月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「家事ハラ」500人調査実施 1位=食器洗い、2位=洗濯物干し
夫を見下す露骨な「家事ハラ」 言葉や態度の酷さの自覚なし
ヘーベルハウス「家事ハラCM」が話題 批判の声で波紋広がる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。