ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大田区47匹猫虐殺犯 危ない目つきで近所を自転車でぐるぐる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 9月18日、東京・大田区の駐車場で猫の首を絞め地面にたたきつけて殺したとして、久保木信也容疑者(33才)が逮捕された。

 その日彼が乗っていた自転車の前かごには、その猫以外にも、農薬入りの餌を食べさせて殺した3匹の猫の死体が、ポリ袋に包まれて入っていたという。さらに久保木容疑者は、今年4月以降連続して発生していた猫の大量死への関与も認めた。

 同区では、4月に3匹の猫の死体が見つかったのを皮切りに、6月に8匹、7月に3匹、8月下旬までに15匹、その後18匹と、9月23日時点で、計47匹が発見されている。

 久保木容疑者の自宅は、JRの線路沿いに建つ築40年のマンションの一室だった。8畳のダイニングキッチンと、6畳一間の1DKで、家賃は8万円弱。コンピュータープログラミングの仕事をしており、ほとんど自宅から出ることはなかったようだ。彼を訪ねてくる人も、彼が誰かと出かけていくことも、周りでは見られていない。しかし、こんな異常な“日常”が目撃されていた。

「どこに行くでもなく2周、3周と自転車で近所をぐるぐる回って、左右をキョロキョロ確認していたんです。その時の目つきは“この人はちょっと危ないな、近づかない方がいいな”と思わせるものでした」(別の近隣住民)

 犯行に使ったのは、自動車のエンジンなどの冷却水凍結防止に使われる『エチレングリコール』や農薬を混ぜた鮭フレークなどの餌だった。

 警察の取り調べに対して久保木容疑者は、猫を殺害した動機を「ストレスのはけ口になった」と供述している。

 特に久保木容疑者が住んでいた大田区は、野良猫が住みやすい街だった。大田区では、人と野良猫が共生できる地域作りを推進しているのだ。しかしその半面、保健所にはクレームも数多く寄せられているという。

「野良猫は放っておくとどんどん増えていくんです。家の敷地や庭に糞尿をまき散らしたり、プランターの花を、猫にめちゃくちゃにされてしまったという人もいました。さらに、夜中に猫が集まって鳴いていたときは、眠れないほどのひどさでした」(前出・近隣住民)

 こういった問題の解決に向け、大田区では去勢・不妊手術に助成金を出したり、ボランティア団体が清掃活動を行っているが、それでも後始末をしない無責任な餌やりなども続いていたという。そこに久保木容疑者は、鬱屈した思いをぶつけるようになっていった。供述でははっきりこう語っている。

「(住民が)野良猫に餌をやり、いついていることへの憤慨から、餌に混ぜて殺した」

※女性セブン2014年10月9日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
海老蔵殴打のリオン容疑者 10年前に傷害致死事件で逮捕歴が
高橋克也容疑者 麻原への強い信仰心背後に菊地直子との別れ
ASKA逮捕で芋づる式か 元プロ野球選手や有名歌手も戦々恐々

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP