ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ミシュラン掲載の神楽坂のそば店 会津産そばと充実した酒肴

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 旨い肴をつまんで酒を酌み交わし、極上のそばでシメる──。秋の夜長にそんな幸せな時間を味わえるそばの名店として紹介するのは、東京・神楽坂の「蕎楽亭」(きょうらくてい)。神楽坂の裏通りに佇む、ミシュランが認めた店だ。

「呑めるそば屋」を目指したというだけあり、酒肴が充実。店主の出身地・会津の郷土料理である馬刺しやこづゆのほか、天ぷらにも力を入れており、揚げたてを一品一品提供するためのカウンター席を設ける。

 10種類以上が揃う酒も「飛露喜」「泉川」「奈良萬」など福島の地酒が豊富で、半合から注文できるのも嬉しい。会津産の玄そばを用いたそばは香り高く、噛むほどに甘みが増していく。

 ざるそば(並そば/972円)は、十割そばながら繊細な喉越しで、やや甘めのつゆとの相性が抜群。牡蠣そば(2160円)は、旬を迎える牡蠣が入った温かいそば。青菜、三つ葉、海苔、えのきだけ、昆布巻き蒲鉾など、香りや食感の異なる具材が楽しい。

◆蕎楽亭
【住所】東京都新宿区神楽坂3-6 神楽坂館1F
【営業時間】火~土:11時半~15時、17時~21時、月:17~21時
【定休日】日・祝

撮影■岩本朗

※週刊ポスト2014年10月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
神楽坂で全国の地ビール飲める店 樽生以外に瓶ビールも豊富
神楽坂の「餃子100個」挑戦 冗談から生まれた企画だった
東京の8エリアを散策して飲み屋に立ち寄った体験を綴った本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP