ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NHKあさイチで「女性SNEP」特集 介護や離婚で「大人のひきこもり」に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

9月24日のNHK「あさイチ」では、「女性SNEP」の実態を特集していた。SNEPとは、Solitary(孤立した)No-Employed Persons(無業者)の頭文字を取ったものだ。

未婚の20~59歳で仕事をしていない人のうち、普段「ひとりでいる」もしくは「家族としか話さない」という人のことを指す。そんな孤立して引きこもる女性が、いま増えているという。
「新しい人間関係」が怖くて他人に相談できない

東京大学の玄田有史教授が総務省統計局の「社会構造基本調査」を分析したところ、SNEP状態に陥っている男女は2001年の85万人から、2011年の162万人と10年で倍近くにまで増加しているという。

あさイチでは、「介護」や「離婚」といったきっかけが原因でSNEPに陥ってしまった女性の例が紹介されていた。

Aさん(36)は新卒で志望企業に入社したものの、鹿児島の実家で祖父が倒れ、介護を手伝って欲しいと家族から連絡があった。Aさんは会社を1年で退職し、地元で介護をしながら就職活動をすることに決めた。

そのときは「仕事はすぐ見つかる」と思っていたというが、いざ就活をすると、1年で退職したことがネックになった。就職に不利になると思い、介護中であることも言い出せず、結局10社受けても採用されずストレスから過食気味になり、徐々にSNEP状態になってしまったという。

Bさん(43)は35歳で離婚。娘と一緒に実家に帰ったものの、近所の好奇の目に耐え切れず、新しい人間関係を作ることが怖くなってSNEP状態となり、8年が経過してしまった。娘の進学費用を稼ぎたいが、履歴書も書くことができない精神状態に陥った経緯をこう明かす。

「人とのつながりがなくて、人に相談することもなかった。追い込まれていくっていうか、思い詰めてしまって。働きたい気持ちはあるが、いざとなるとできない」

既婚女性も「仕事ない主婦って本当に孤独だよ」

番組では、女性がSNEPに陥りやすいきっかけとして「失恋」「職場燃え尽き」「Uターン」「転職」を挙げていた。環境の変化や大きなストレスによって、誰にでも陥る可能性があるということだ。玄田教授は番組で、こう話している。

「甘えという声もあるが、統計などを見ると、親が裕福だからSNEPやニートになっているわけではなく、家族だけで何とかしようとしても限界がある。地域でもサポートする場所が増えてきたので、本人や家族だけで抱え込まないようにしてもらいたい」

玄田教授が2013年1月に出した論文「孤立無業者(SNEP)の現状と課題」によると、特に女性はいちどSNEPに陥ると「就業希望と求職活動の両方に対して消極的になっている」のだという。

その理由は、「就業の期待収益率が低い無業者ほど求職活動・就業希望が弱まる」から。「自分なんて価値がない」「どうせ仕事に就いても大した給料が貰えない」と思うと、就業意欲も高まらないということか。

この番組に対して、ネット上では「自分も他人事ではない」「私仕事辞めたらSNEPになる可能性なきにしもあらず」と、問題を身近に感じた人も少なくない。また孤立問題は、既婚の主婦にも存在するとつぶやく人もいた。

「『孤立している(普段関わる人が家族以外にいない)』かつ『無業である』という点で、専業主婦や子育て専念中の主婦(既婚女性)もSNEPみたいなもんじゃないかと思う。仕事ない主婦って本当に孤独だよ」

あわせてよみたい:「子連れ出勤」の試みは成功するか?最新記事は@kigyo_insiderをフォロー/
キャリコネ編集部Facebookに「いいね!」をお願いします

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP