ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

違世界への入り口?壁の端がめくれて見える照明

DATE:
  • ガジェット通信を≫

空間デザイナーの小野直紀と、プロダクトデザイナーの山本侑樹による日本のデザインスタジオYOY (ヨイ)が手掛けた照明「PEEL」。

壁の端がめくれ、そこから光が漏れているように見える、なんともミステリアスでシュールな作品だ。

有機ELを用いて光源を極限まで薄くし、電源コードを壁の隅に沿わせて目立たなくさせることで、よりリアルなトリック効果を実現した。

設置方法はとても簡単。壁に付けたフックに本体裏側の穴を引っ掛けるだけ。

夜中に起きてこの明かりが点いていたら、宇宙人が迎えにでも来たのかと思ってしまいそうな不思議なプロダクトだが、インテリアのテイストにハマればかなりオシャレ。

YOYはこの他にも、人の錯覚を利用したおもしろいデザインを多数手がけている。

気になる人は是非ホームページをチェックしてみて。

YOY
http://yoy-idea.jp/jp/works/peel/

The post 違世界への入り口?壁の端がめくれて見える照明 appeared first on ISUTA(イスタ)オシャレを発信するニュースサイト.

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP