ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Moto 360にKGW42Rビルドへのアップデートの配信が開始、Bluetooth機能の改善やバグ修正・システム最適化を実施

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Motorola が同社の Android Wear スマートウォッチ「Moto 360」に対して新ビルド「KGW42R」へのアップデートの配信を開始しました。今回はマイナーアップデートで、ビルド番号もKGW42N → KGW42Rとわずかに変化しているだけ。アップデート内容は、Bluetooth の接続性の向上(頻繁に切断する問題を修正)、バッテリー残量が枯渇した際に Moto 360 に確認メッセージを表示する充電通知の追加、バグの修正とシステム最適化を実施したことです。充電中画像がディスプレイに焼き付く問題や、バッテリー消費が激しいところも修正されているかもしれません。アップデート方法は、Moto 360 に通知される「システムアップデート」の通知をスワイプして「開く」をタップします。バッテリー残量が 80% 未満だとアップデート操作を実行できないので、アップデートできない場合はまず充電してください。Source : Motorola


(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobile、Xperia用の新カメラアプリ「ARファン」をGoogle Playストアにリリース
HTCがGoPro対抗カメラ製品のティザー動画を公開、製品名は「RECamera」で水中撮影やスローモーション撮影も可能?
Motorola Nexus 6 / X“Shamu”の製品画像が流出、画面サイズは5.92インチWQHDらしい

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP