ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プチギフトでモテる!ポイント利用術

DATE:
  • ガジェット通信を≫

モテるオトコといえば、新車のオープンカーに乗って、セレブ御用達の高級レストランでディナーを食べて、ブランドアイテムをプレゼントする…なんてベタな想像をしていたのですが、恋愛カウンセラーの安藤房子さんから「女性の気をひくためには、コストをかければ良いというものではありません。タイミングを間違えれば、その豪華さが逆にマイナスイメージになってしまうケースもあります」とのコメントが。でも、プレゼントは豪華なほど効果がある気も…。

【画像や図表を見る】

「プレゼントには相手との関係を深めたり、交際のきっかけを作ったりするなどの効果があります。しかし、恋人としての関係が成立していない、親密な話をしたこともない相手に、いきなり高価なアクセサリーをプレゼントする人はいないですよね。当然プレゼントする相手との関係によって、その中身を慎重に選ぶ必要があります。受け手に『なんでくれるの?』『受け取ったら何か要求されるのでは?』などの不安を感じさせない心遣いが大切です」

では、これから親密になりたい相手には、どんなプレゼントがいいんでしょうか?

「アクセサリーやバッグなど、高価なものだけがプレゼントではありません。例えば、ドリンクやちょっとしたお菓子などの差し入れもプレゼントのひとつ。話をしたことがある、あいさつをするくらいの相手であれば、食べたり飲んだりしてなくなってしまう、いわゆる“消えもの”がオススメです。安価であり、残るものでなければ、相手の迷惑にならず受け取る側の負担も少ないです。それでも、受け取ることに不安をおぼえる人もいるので、きっかけ作りの場合は、相手が所属するグループ全体に差し入れ、という形がオススメです。意中の相手にだけ、ちょっと良いものにしておくなど、アクセントを付けるのも良いですね」

確かに、差し入れならこちらも緊張せずに渡せるかも!

「また、プレゼントする頻度とタイミングにも注意を。例えば出張のお土産としてプレゼントする場合、それが通例になってしまうと、恋愛としての効果は期待できないものになってしまいます。相手が予測していないタイミングでプレゼントをするなど、サプライズを意識しましょう。これは恋人同士でのプレゼントでも同じで、当たり前になってしまうと、その効果は薄れてしまいます」

あげればOKと考えていましたが、プレゼントは意外と奥が深い…。

「また、1回のプレゼントに予算をかけるよりも、それを小分けにする方が恋愛には効果的です。1年間に3万円のプレゼントを1回もらうよりも、2万円のプレゼントとプチギフトを複数回もらう方が、新鮮で円満な関係をキープできます。女性はお金を使ってくれたことよりも、常に自分のことを考えてくれる方がうれしく感じるもの。これから関係を築きたい相手なら、プレゼントの回数がより重要となります。差し入れや手土産、プチギフトを活用して、少しずつ親密度をアップしましょう」

意中の女性とお近づきになるために、使いこなしたいプレゼント攻撃。そこで、新作スイーツや人気ドリンクなどプチギフト購入に活用できる、便利&おトクなポイントシステムの情報をひとつご紹介。貯まる&使えるお店が22万6674、提携先は113社と日本最大規模(※)を誇るおなじみ「Tポイント」とソフトバンクのポイントの連携がスタート。お茶したり、コンビニで買い物したり、レストランでご飯を食べたり、DVDを借りたり、ショッピングしたり…と、デートでも使いドコロは盛りだくさんの「Tポイント」が、ソフトバンクの携帯電話の毎月の利用料金に応じても貯まるのだ。毎月コンスタントに貯まり、今まで使い道が限定されていたケータイのポイントが使いやすくなって、かなりおトク! 是非ソフトバンクショップに足を運んでみよう!

ソフトバンクの携帯電話や、いつものコンビニやランチなどで貯めて、プチギフトに活用できる「Tポイント」。毎日の生活で自然と貯まるポイントを、サプライズなプチギフトに役立ててみてはいかが?

※ Tポイント提携先 113社・貯まる/使えるお店22万6674店舗・利用している人4918万人(2014年7月末現在)
(R25編集部)

プチギフトでモテる!ポイント利用術はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

女子ゴコロをつかむ「コツコツ力」講座

カテゴリー : エンタメ タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。