ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お気に入りの手ぬぐいでブックカバーを作ろう!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

和小物ショップで見かける、色とりどりのオシャレな手ぬぐい。ついつい手が伸びてしまうけれど、普段使う場面も少ないし、意外と活用しにくいもの。そこでオススメしたいのが、折るだけで簡単にできる「手ぬぐいブックカバー」だ。

お気に入りの手ぬぐいで、ブックカバーを作ってみよう!

この手ぬぐいブックカバーの魅力は、縫ったり、切ったりする手間が一切ないところ。超短時間で誰にでも簡単に作れるので、ぜひ挑戦していただきたい。それではさっそく手順を紹介していこう!

(1) 手ぬぐいとカバーをかける本を用意する。本は手ぬぐいの大きさにもよるが、文庫、新書、コミック本にもかけられる。

(2) 手ぬぐいを縦に広げて裏返しに置き、上下からバランスよく折り返す。折り返した後の手ぬぐいの長さが、本の長辺の3倍弱になるように調整するのがポイント。

(3) 手ぬぐいを本の上からかぶせるようにして、縦半分に折る。

(4) 本の幅に合わせ、はみ出した部分を上に折り返す。

(5) 全体を裏返して、同様にはみ出した部分を上に折り返す。

(6) そのまま手ぬぐいを開く。

(7) 本を手ぬぐいの横に置き、本の長辺に合わせて上下から手ぬぐいを折る。まずは下から折っていこう。

(8) 続いて上からも折る。手ぬぐいの長さと本の長辺が同じになった。

(9) 先に折った下側の端をめくり、折り返すようにして、後から折った上側の端を差し込む。これで両端がポケット状になったはずだ。

(10) ポケット状になった手ぬぐいの両端に、本を差し込んでいく。

(11) 本を閉じたら、完成だ! 慣れていないと多少、手こずるかもしれないが、手順を覚えれば、1分もあれば作れるだろう。

表に出したい絵柄は、手順②、⑦の段階で調整できる。また、しっかり型をキープしたい場合は、手ぬぐいの折り目にアイロンをかけると良いだろう。

不器用でも面倒くさがりでも、あっという間に作れてしまう手ぬぐいブックカバー。読書の秋に合わせ、お気に入りの手ぬぐいをぜひ活用してみてはいかがだろうか?

(波多野友子+ノオト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP