ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

泉ピン子 仲間由紀恵交際直後に「こんな無名俳優じゃだめ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 9月18日、女優・仲間由紀恵(34才)と俳優・田中哲司(48才)が入籍したことを発表した。

 2003年のドラマ『顔』(フジテレビ系)の共演で出会って、2007年のドラマ『ジョシデカ!―女子刑事―』(TBS系)での再共演がきっかけで交際をスタートさせた仲間と田中。機が熟すまでに7年もの時間を要したのには理由があった。

『TRICK』や『ごくせん』に主演し、紅白歌合戦の司会を務める国民的女優・仲間と、一脇役俳優・田中の「格差」に周囲は猛反対した。

 なかでも仲間が地元沖縄から上京して初めて出演したドラマ『日本一短い母への手紙2』(日本テレビ系)で共演した泉ピン子(67才)の横ヤリは有名だった。

「ピン子さんにとって仲間さんは娘みたいな存在。出会ったときから“この子は私が育てる”と仲間さんをかわいがってきましたし、彼女もピン子さんを“ピンちゃんママ”と呼んで慕ってきましたから」(芸能関係者)

 実はピン子も、前出の『ジョシデカ!』に出演していた。

「それでふたりは、交際が始まってすぐ、ピン子さんに報告したそうなんです。そしたらピン子さんは田中さん本人を前に“こんな無名俳優じゃだめ!”“由紀恵とつきあうならもっと有名になりなさい!”とか随分厳しいことを言ったそうです。

 でも、猛反対したのはピン子さんだけじゃありませんでしたよ。周りはほとんどみんな“どうして?”って感じで…。仲間さんと田中さんでは、俳優としての格差があまりに大きいですよね。例えばドラマ1本の出演料でも桁が違うんですよ。しかも田中さんは仲間さんよりも一回り以上年上ですから」(前出・芸能関係者)

 そんな周囲の声を背に、田中はひたすら仕事に邁進した。2008年は『ハッピー・フライト』など映画8本、ドラマは『ラスト・フレンズ』(フジテレビ系)など9本。翌2009年は『ぼくの妹』(TBS系)などドラマ12本のほか、舞台にも出演した。

 そんな田中の姿に、周囲の目がやさしくなり始めていた矢先の2009年12月、スポーツ紙でふたりの熱愛が報じられた。しかしその直後、田中は『FRIDAY』に、仲間ではない女性を自宅マンションに持ち帰ったり、また別な日に他の女性と密会をしていたことを報じられてしまう。

「田中さんはとにかくモテるんですよ。身長も180cm以上あるしやさしい顔立ちでしょ? 一見地味な印象ですが、マメでサービス精神旺盛だし、女性の扱いに慣れているんですよね。もちろん仲間さんは報道を見て大激怒。田中さんは土下座せんばかりに謝ったそうです。それだけ彼にとって仲間さんは大事な存在だったし、最後は彼女も彼を許した。でも正直、田中さんは周りから総スカンでしたね。彼への逆風はさらに強くなりました」(テレビ局関係者)

 そして田中は、再びひたすら仕事に没頭することになった。2010年はNHK大河『龍馬伝』などドラマ11本に映画2本、2011年はドラマ8本に映画4本、2012年はドラマ12本に映画2本、2013年はドラマ7本に映画4本。

 決して仲間のような国民的俳優ではないが、田中は独特の存在感で見る者の心を奪う名脇役俳優となった。

※女性セブン2014年10月9日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
妻の親友・田中好子と後輩・田中実の死に水谷豊、悲痛な思い
不仲説出た朝ドラ共演・吉高&仲間 実はメールで連絡する仲
泉ピン子「私出ないのおかしい」で『なるようになるさ』出演

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP